「ぺぴーの」とは?

言葉 詳細
ペピーノ

概要 (Wikipediaから引用)

名称 ペピーノ 色 light green 界 植物界 :w:Plantae Plantae 門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta 綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida 目 ナス目 :w:Solanales Solanales 科 ナス科 :w:Solanaceae Solanaceae 属 ナス属 ”:w:Solanum Solanum” 種 ペピーノ ”S. muricatum” 学名 ”Solanum muricatum” ウィリアム・エイトン Aiton 和名 ペピーノ 英名 :en:pepino pepinoペピーノ(”Solanum muricatum” Ait.、syn. ”S. guatamalense” Hort.)は、ナス目ナス科ナス属の多年生の植物。果実は多汁で甘く芳香があり、生でスライスして食用とする。原産地は南アメリカで、古代からアンデス山脈一帯の地域で栽培されている。チリやニュージーランドで品種改良がおこなわれた。原産地のエクアドルの言語であるスペイン語ではペピーノのことをペピーノ・ドゥルセ(pepino dulce)といい、「ペピーノ」は「キュウリ」、「ドゥルセ」は「甘い」という意味である。また、英語では、melon pear, pear melon, melonshrub, sweet cucumberとも呼ばれる。いずれも、ペピーノの味や香りがキュウリやメロン、ナシに似ていることから名づけられた。