「ぺりあ」とは?

言葉 詳細
ペリア

概要 (Wikipediaから引用)

シャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand、1903年10月24日 - 1999年10月27日)は、フランスの建築家。デザイナー。 1903年(明治36)パリで生まれる。父親は紳士服の裁断、母親は婦人服の仕立てを生業としていた家庭に育ち幼い頃から様々な素材に囲まれて育った。 1926年 パリの装飾美術連学校を卒業。自らアトリエを構え、展覧会に家具の出品を始める。 1927年(昭和2)サロン・ドートヌンヌに出品した『屋根裏のバー』が認められたことによりル・コルビュジエのアトリエに入る。 ル・コルビュジエとその甥であるピエール・ジャンヌレとの三人での共同でデザインをする。 アトリエでは前川國男、坂倉準三と机を並べる。 1937年(昭和12)ル・コルビュジエのアトリエを辞し独立。独立後もル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレらと良好な関係を維持している。 1940年(昭和15) 日本の商工省が輸出工芸指導の装飾美術顧問として招聘され来日。これは坂倉準三の尽力によるものであった。河井寛次郎、柳宗理らと交流。 1941年(昭和16)日本で『選択・伝統・創造』展開催。