「ほ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

歩 ほ 歩行。歩くこと。 歩く時の足を前に出す回数を表す単位。前に来る数字によっては読み方が「ぽ」になる(「一歩」=「いっぽ」など)。本来は両足を交互に前に出すことだが、現代日本ではそれぞれの足を前に出す(本来の語法では「半歩」「跬」)ごとに1歩とするのが普通である。 步姓 - 中国語の姓(拼音: Bù プー)。歩隲など。 ぶ 歩 (尺貫法) - 長さ・面積の単位。 面積の単位の下につけて、ちょうどの値であることを示す(「三町二反歩」など)。 1割の10分の1、すなわち元の値の100分の1のこと。「分(ぶ、1⁄10)」から転じた。利息・金利などを表す場合には「歩」の方がよく使われる。 江戸時代の金貨の単位・分が転じた別表記。 歩兵・雑兵 ふ 歩兵 (将棋) - 将棋の駒。 北島三郎の曲 あゆみ・あゆむ 日本語の男性名・女性名。

概要 (Wikipediaから引用)

『少年保護手続』より : 少年保護手続(しょうねんほごてつづき)とは、日本における刑事司法制度のひとつであり、少年法第2章の規定に従って#非行少年 非行少年を家庭裁判所の#審判 審判に付する手続をいう。 非行少年 非行事実が家庭裁判所に#係属 送致・通告されると、家庭裁判所は、家庭裁判所調査官(以下「調査官」と略称する。)等による#調査 調査及び審判を経て、非行少年に対して#社会調査と保護的措置 保護的措置を施したり、#保護処分 保護処分に付したりして、再非行の抑止を図る。これが、少年保護手続の概略である。少年保護手続は、司法的機能と福祉的機能とを併せ持つといわれる。司法的機能(しほうてききのう)とは、非行のある少年、すなわち、法秩序を破壊し、あるいは破壊するおそれがある少年に対し、「法律の定める手続によ」り(憲法31条)、法秩序の回復・保全のために必要な措置をとるという機能である。それゆえ、少年保護手続には、少年の適正な手続を受ける権利(手続的権利)を保障するという側面と、法秩序の回復・維持による社会防衛を目的とする刑事政策の一環という側面とがある。

概要 (Wikipediaから引用)

『ほ』より : ホ ほ - 日本語の音節。 ホ (音名) - ハ長調でのミにあたる音名。 ホ (ガーナ) (Ho) - ガーナの都市。 漢姓を各言語の発音で呼んだ際のカナ表記。「ホー」などとも転記され得る。 許(朝鮮語: 허) ⇒ 許 (姓) 朝鮮語: ホ・ソクホ(S・K・ホ。プロゴルファー) 胡(朝鮮語: 호 ; ベトナム語: Hồ) ⇒ 胡 (姓) ベトナム語: ホ・チ・ミン(ホー・チ・ミンの表記の一つ) 扈(朝鮮語: 호) ⇒ 扈。

概要 (Wikipediaから引用)

帆(ほ)とは、風により船の推進力を得るための器具である。ヨットなどの洋装帆船において英語「sail」からきたセイル(セール)またはこれが訛ったスルなどと呼称される。 ほとんどの帆は、帆の張る方向で区別される、横帆と縦帆のいずれかに属する。ヨットなど小型帆船では縦帆のみで構成されるが、遠洋航海を目的とした大型の帆船では横帆を主として縦帆と組み合わされた帆装が施されている。 帆の起源ははっきりしていないが、人類が船の使用を始めた直後に現れたと言われている。古代エジプト時代の墳墓から出土した花瓶(紀元前4000年頃のものと推定されている)の絵柄に帆をもつ船が描かれていた。初期は、追い風の時のみに使用する補助的な動力源であったが、その後の改良により帆のみで航行可能な帆船があらわれた。 構造 帆は幾つかの支持棒で支えられており、船から垂直方向に帆を支えるための柱をマストと呼ぶ。また帆を水平方向に上方から支える支柱をヤード(Yard)または帆けたと呼ぶ。帆を下から支える支柱をブーム(Boom)と呼ぶ。 帆を張ったり、畳んだり、マスト等に固定する際にはロープが欠かせない。

概要 (Wikipediaから引用)

『ときめきメモリアルシリーズの登場人物』より : ときめきメモリアルシリーズの登場人物(-とうじょうじんぶつ)は、下記に示すコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)の恋愛シミュレーションゲームシリーズ、及びオンラインゲーム作品に登場する、架空の人物(キャラクター)の一覧である。 恋愛シミュレーションゲーム 男性プレーヤー向け作品 :『ときめきメモリアル』 - 便宜上『ときめきメモリアル1』と表記。『1』『ときメモ1』と略記することがある。 :『ときめきメモリアル2』 - 『2』『ときメモ2』と略記することがある。 :『ときめきメモリアル3 ~約束のあの場所で~』 - 『3』『ときメモ3』と略記することがある。

掘る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ほる

概要 (Wikipediaから引用)

ほるぷ平和漫画シリーズ(ほるぷへいわまんがシリーズ)は、昭和50年代から60年代にかけてほるぷ出版から刊行された、戦争漫画シリーズである。 コミックスは全27巻で「続 ボクちゃんの戦場」が最終巻となっている。「続 ボクちゃんの戦場」の最後の頁には他の作品の紹介があり、「以下続刊」と書かれているがこれより後にはシリーズは刊行されていない。現在は絶版になっており入手は大変困難である。 この漫画の特筆する点は、各作家陣が発表した、戦争をテーマにした作品をまとめたものであり、書き下ろしの作品は少ないと言う事であろう。その為、作家人が大変豪華な顔ぶれであり今でも復活を多く望む声が多い。 学校図書館に置かれている事が多い。 刊行されたタイトル 下段は短編集のタイトル。 ほるぷ平和漫画シリーズ『禁じられた戦史』原作=千田夏光 漫画=青柳裕介、いけうち誠一 - 1983年7月、ISBN13-978-4593531035 『1.自爆』『2.命の泉』『3-1.飢えたガダルカナル島』『3-2.L島の五百人』『4.撃墜王』『5.命令』『6.義号作戦』 ほるぷ平和漫画シリーズ2『人間の条件(1)』原作=五味川純平 漫画=立花誠太郎 - 1983年7月、ISBN13-978-4593531042 ほるぷ平和漫画シリーズ3『疎開っ子数え唄』作・画=巴里夫 - 1983年7月、ISBN13-978-4593531059 『疎開っ子数え唄』『赤いリュックサック』『石の戦場』『愛と炎・東京大空襲』 ほるぷ平和漫画シリーズ4『ある惑星の悲劇』手記=草河達夫 作・画=旭丘光志 - 1983年7月、ISBN13-978-4593531066 『ある惑星の悲劇』『巨大なる墓』『地獄島』 ほるぷ平和漫画シリーズ5『この愛・戦火をこえて』作・画=わたなべまさこ - 1983年7月、ISBN13-978-4593531073 『この愛・戦火をこえて…………』『蝶はここに住めない』 ほるぷ平和漫画シリーズ6『旅たて荒野』作・画=横山孝雄 - 1983年8月、ISBN13-9784593531080 ほるぷ平和漫画シリーズ7『またあう日まで』作・画=鈴原研一郎 - 1983年10月、ISBN13-978-4593531097 『またあう日まで』『炎のサンゴ礁』『ああ広島に花さけど』『ママの日記帳』『勇気ある怒り』 ほるぷ平和漫画シリーズ8『敗走記』作・画=水木しげる - 1983年10月、ISBN13-978-4593531103 『敗走記』『ダンビール海峡』『白い旗』『カンデレ』『ゴキブリ』『幽霊船長』 ほるぷ平和漫画シリーズ9『ボクちゃんの戦場』原作=奥田継夫 漫画=政岡としや - 1983年11月、ISBN13-978-4593531110 ほるぷ平和漫画シリーズ10『嵐吹きすさぶとも』原作=久板栄二郎、石野径一郎 漫画=汐見朝子、神坂智子、木内千鶴子、水野英子 - 1983年11月、ISBN13-978-4593531127 『わが青春に悔いなし』『ああ七島灘に眠る友よ』『ある墓標』『バラの夢』『風とビードロ』 ほるぷ平和漫画シリーズ11『炎の街に生きる』原作=早乙女勝元 漫画=政岡としや、あすなひろし、長谷川法世、1984年1月、ISBN13-978-4593531134 『火の瞳』『山ゆかば』『赤いトマト』『純情・博多っ子戦争』 ほるぷ平和漫画シリーズ12『ああ零戦トンボ : 少年航空兵 出雲 光の遺書』作・画=貝塚ひろし - 1984年2月、ISBN13-978-4593531141 『ああ零戦トンボ』『黒バットの記録』 ほるぷ平和漫画シリーズ13『カミカゼ』作・画=影丸譲也 - 1984年2月、ISBN13-978-4593531158 ほるぷ平和漫画シリーズ14『夜はまだ明けない』作・画=樹村みのり、長広洋子、飛鳥幸子 - 1984年4月、ISBN13-978-4593531165 『解放の最初の日』『雨の日のさけび』『海へ』『夜明け前の子供』『野に咲く花』『フレデリカの朝』 ほるぷ平和漫画シリーズ15『わが愛の記録』作・画=里中満智子 - 1984年5月、ISBN13-978-4593531172 ほるぷ平和漫画シリーズ16『水筒 : ひめゆり学徒隊戦記・(上巻)』作・画=新里堅進 - 1984年7月、ISBN13-978-4593531189 ほるぷ平和漫画シリーズ17『水筒 : ひめゆり学徒隊戦記・(下巻)』作・画=新里堅進 - 1984年7月、ISBN13-978-4593531196 ほるぷ平和漫画シリーズ18『トンキー物語』原作=福田三郎、漫画=飯森広一、ダイナミックプロ - 1984年8月、ISBN13-978-4593531202 『トンキー物語』『27頭のあいつたち』  ほるぷ平和漫画シリーズ19『おれの鎮魂歌(れ・く・い・え・む)』漫画=小池一夫、石井いさみ、古城武司 - 1984年10月、ISBN13-978-4593531219 『カラスなせ鳴く』『白地に黒く死の丸染めて』(四章立て) ほるぷ平和漫画シリーズ20『焼跡のうた』原作=野坂昭如 漫画=吉森みきを、永島慎二、佐藤まさあき - 1984年11月、ISBN13-978-4593531226 『ほたるの墓』『白い雲は呼んでいる』『夕映えの丘に』 ほるぷ平和漫画シリーズ21『爪あと』原作=辻真先 漫画=石井いさみ、山上たつひこ、政岡としや、貝塚ひろし - 1984年12月、ISBN13-978-4593531233 『傷だらけの挑戦』『回転』『悪たれ』『母のないマンガ』 ほるぷ平和漫画シリーズ22『大空のかなたに』作・画=永島慎二、中島特博、小川保雄 - 1985年3月、ISBN13-978-4593531240 ほるぷ平和漫画シリーズ23『沖縄決戦』作・画=新里堅進 - 1985年3月、ISBN13-978-4593531257 ほるぷ平和漫画シリーズ24『戦場』 原作=高久進 漫画=バロン吉元、政岡としや、横山まさみち - 1985年4月、ISBN13-978-4593531264 『侵略』『飢餓戦線』『ああ硫黄島』『人間魚雷回天』の四部作 ほるぷ平和漫画シリーズ25『総員玉砕せよ! : 聖ジョージ岬・哀歌』作・画=水木しげる - 1985年7月、ISBN13-978-4593531271 ほるぷ平和漫画シリーズ26『少年兵レイテに消ゆ』作・画=横山孝雄 - 1985年9月、ISBN13-978-4593531288 ほるぷ平和漫画シリーズ27『続 ボクちゃんの戦場』原作=奥田継夫、漫画=政岡としや、菊池としを、冗談舎 - 1985年10月、ISBN13-978-4593531295。

彫る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『ダイヤグラム』より : ダイヤグラム、ダイヤとは、交通機関の運行計画を表現した線図である。また交通機関の運行状況を指してダイヤという(「ダイヤの乱れ」、「正確なダイヤ」など)。鉄道におけるものが有名であるが、鉄道以外の交通機関(バスなど)においても使用される(運行図表ともいう)。また、ダイヤグラムから各駅における停車時刻を抜き出して表にしたものを時刻表という。通常、英語の diagram は図形で視覚的に表現したもの(ダイアグラム)一般を指し、日本語における「ダイヤグラム」(交通機関の運行計画を表現した図)の意味はない。 鉄道におけるダイヤ 鉄道においては、列車の運行計画・スケジュールのことを「列車計画」あるいは「列車運行計画」などと呼び、それを図表に表したもののことを「列車運行図表」(トレイン・ダイヤグラム)という。ダイヤグラムはこの列車運行図表のことを指す言葉であったが、列車運行計画自体をダイヤと呼ぶようになり、列車運行図表のことは区別してダイヤ図などと呼ばれるようになっている。