「ほい」とは?

言葉 詳細
宝飯

概要 (Wikipediaから引用)

宝飯郡(ほいぐん)は、愛知県(三河国)にあった郡。 郡域 1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。 豊橋市の一部(豊川より北西) 豊川市の大部分(豊津町・橋尾町・三上町・院之子町を除く) 蒲郡市の全域 7世紀後半に、三川国穂評(ほのこほり)、8世紀の律令制以降は、寶飫(ほお)郡である。さらに、寶飯(ほい)郡と誤記され、現在の宝飯郡に至る。10世紀までは、設楽郡域も宝飯郡であった。 三河国の国府・一宮(砥鹿神社)・総社・国分寺・国分尼寺は宝飯郡にあった。これらは現在の豊川市にあたる。東三河では、飽海評(渥美郡)と並んで、穂評(宝飯郡)は古くから設置されている。 中世では、支配者であった長山一色城主の一色時家が、大沢城の波多野全慶(時政)に討たれ、宝飯郡における戦国時代が幕を開ける。その波多野全慶を討ち果たした牧野古白の後裔にあたる牧野城・牛久保城主牧野家などの牛久保六騎と、西部山間部には長沢城の長沢松平家(以上、現豊川市)、豊川下流域には伊奈城主本多彦八郎家(平八郎家の弟筋)(現豊川市小坂井地区)、南西の海岸部では上ノ郷城の鵜殿氏(現蒲郡市)などが勢力を保持した地域。

補遺

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。