「ほいっする」とは?

言葉 詳細
ホイッスル

概要 (Wikipediaから引用)

ホイッスル(英: Whistle)は、楽曲の演奏や注意・警告などを目的に気体の流れを利用して音響を発生させる装置で、いわゆる「笛」の一種である。 振動が発生するメカニズムはリコーダーと同じであり、共鳴が発生するメカニズムはオカリナと同じ(ヘルムホルツ共鳴)である。楽器とみなした場合、唇の振動を用いない吹奏楽器なので、旧来の楽器分類法では金属やプラスチックで造られていても「木管楽器」に分類され、ザックス=ホルンボステル分類では「気鳴楽器」に含まれる。 これに類似した音を電気的に発生させる器具(電子ホイッスル)もあり、こちらは「電鳴楽器」に含まれる。 ホイッスルは主にイギリスでコルク球を内蔵させたものを中心に発展した。1980年代後半にカナダでコルク球を内蔵しないホイッスルが発明されたことで音の立ち上がりが遅いあるいは内部のコルク球が引っかかるといった問題が改善された。 分類 音色による分類 ピーホイッスル ピー(pea)と呼ばれる球体の回転によって強弱のメリハリがついた音のするもの。