「ほうえ」とは?

言葉 詳細
宝江

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

法衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

法会

概要 (Wikipediaから引用)

法会(ほうえ)とは、仏教において仏法を説くためや供養を行うための僧侶・檀信徒の集まりである。法会は、古くからインド・中国でも降誕会や成道会は行われており、日本では、蘇我馬子がすでに法会を行っていた。奈良時代には宮中の御斎会・興福寺の維摩会・薬師寺の最勝会、平安時代には法勝寺の大乗会・円宗寺の最勝会・法華会の3つの法会が重要視され、この3つの法会の講師を務めた僧は三会已講師(さんえいこうじ、略して三会已講、已講ともいう)と称された。その後、法会は追善供養などで行われる法要(法事)などと同じ意味で使われるようになった。 修正会(しゅしょうえ)・修二会 節分会 涅槃会 彼岸 彼岸会(春・秋) 灌仏会 灌仏会(降誕会・花祭り)