「ほうおう」とは?

言葉 詳細
法王

概要 (Wikipediaから引用)

法王(ほうおう)仏教における法王は、漢訳の法華経などに登場する仏教用語で、釈迦(ゴーダマ・シッダルタ)や如来(仏陀)などの、仏法におけるかしら。または、チベット仏教(ラマ教)の教主のこと。古代百済29代王の称号(参照朝鮮国王の一覧)。聖徳太子の自称でもあり、766年称徳天皇により道鏡のための称号としても用いられた。または法皇のことを指す場合もある。キリスト教では、カトリック教会の最高権威であるローマ教皇をさして「法王」あるいは「ローマ法王」と呼ぶことがある。かつては「法王」と「教皇」が混用して用いられていたが、1981年のヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇) ヨハネ・パウロ2世による史上初の教皇日本訪問に際し、日本のカトリック司教団が「王」という印象を与える「法王」よりも「教え」という文字が入っている「教皇」の方が現代の教皇のあり方にふさわしいと考え、両者の混用を廃することにした。それによってカトリック教会の表記では「教皇」に統一することとし、マスメディアにも呼びかけた。以来、カトリック教会としての公式な呼称は「教皇」で統一されているが、マスメディアや一般の書籍では未だに「法王」と「教皇」が共に用いられている。歴史関係では「教皇領」など教皇を使う場合が多い。

法皇

概要 (Wikipediaから引用)

太上法皇(だじょうほうおう、だいじょうほうおう)とは、出家した太上天皇(上皇)、またその称号。法皇(ほうおう)と略する。制度上、世俗に在る上皇と、仏門に在る法皇の間に、身位の違いはない。 法皇の称号は平安時代の宇多天皇が初めて使った。平安時代には白河法皇、鳥羽法皇、後白河法皇などが法皇として院政を行った。江戸時代の霊元法皇がこの称号を使った最後の上皇である。 補注 参考文献 宮内庁『皇室制度史料 太上天皇(三)』(吉川弘文館、1980年)ISBN 4642011331  新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059 関連項目 法親王 入道親王。

鳳凰

概要 (Wikipediaから引用)

鳳凰(ほうおう、拼音: Fènghuáng)は、中国神話の伝説の鳥、霊鳥である。鳳皇とも。日本や朝鮮など東アジア全域にわたって、装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する。 形態 前2世紀頃前漢の時代に成立されたという中国最古の類語辞典『爾雅』17章によれば、嘴は鶏、頷は燕、頸は蛇、背は亀、尾は魚で、色は黒・白・赤・青・黄の五色で、高さは六尺程とされる。『山海経』「南山経」では鶏に似ており、頸には「徳」、翼に「義」、背に「礼」、胸に「仁」、腹に「信」の紋があるとされた。 後漢の字典『説文解字』では、前は鴻、後は麟、頸は蛇、尾は魚、額は鸛、髭は鴛鴦、紋様は龍、背中は虎、嘴は鶏、頷は燕と記された。南朝の時代に成立した『宋書』巻二十八志第十八では、頭は蛇、頸は鶴、背は魚、腹はスッポン、尾羽は魚の尾鰭、前半身は鴻に似ており、頭は青く、翼を並べるとされる。同じく『宋書』巻二十八志では孔雀くらいの大きさとされる。また南宋の『癸辛雑識』では高さ一丈(約3.07m)ほどで、尾は鯉に似、色が濃いとされた。

訪欧

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。