「ほうか」とは?

言葉 詳細
匏瓜

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

烽火

概要 (Wikipediaから引用)

烽火駅(ポンファえき、朝鮮語:봉화역)は、北朝鮮平壌の平壌地下鉄千里馬線の駅。 駅構造 駅舎 島式ホーム1面2線の地下駅。 ホーム 利用状況 駅周辺 中央電報電話局 平壌劇場 平壌医科大学病院 平壌医科大学 朝鮮対外文化連絡協会 国際文化センター 党創立事績館 朝鮮人民軍烈士塔 口腔病予防院 労働新聞社 平壌国際郵便局 解放山ホテル 平壌第二百貨店 平壌大劇場 チェコ大使館 烽火芸術劇場 隣の駅 平壌地下鉄 千里馬線 栄光駅 - 烽火駅 - 勝利駅。

邦家

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

蜂窩

概要 (Wikipediaから引用)

蜂窩織炎(ほうかしきえん、cellulitis、phlegmon[e])とは、好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり、細胞間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死分解させている、進展性の化膿性炎症である。蜂巣織炎(ほうそうしきえん)、蜂巣炎(ほうそうえん)、フレグモーネともいう。 「蜂窩」とはハチの巣のことで、顕微鏡標本上に見える、浮遊している好中球をハチの幼虫に見立て、融解し切らずに残っている間質を巣の仕切りに見立てた名称である。 皮下組織などの疎性結合組織に好発する。また、指趾の先端部皮下で発生したものは瘭疽(ひょうそ)という。口腔内にできたものは口底蜂窩織炎と呼ぶ。関節周囲に生じた蜂窩織炎は感染性関節炎の鑑別疾患となる。蜂窩織炎がある場合は関節穿刺が禁忌になるからである。 蜂窩織炎は基本的には黄色ブドウ球菌などによる皮膚感染症である。感染部位は真皮から皮下脂肪組織である。表皮に感染した場合は伝染性膿痂疹となる。顔面、四肢に好発し、境界不明瞭な局所の発赤、腫脹、疼痛、熱感が急速に拡大する。

邦貨

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

法家

概要 (Wikipediaから引用)

法家(ほうか)は、中国の戦国時代の諸子百家の一つ。徳治主義を説く儒家と異なり、法治主義を説いた。 法家とは儒家の述べる徳治のような信賞の基準が為政者の恣意であるような統治ではなく、厳格な法という定まった基準によって国家を治めるべしという立場である。秦の孝公に仕えた商鞅や韓の王族の韓非がよく知られている。商鞅は戦国の七雄に数えられた秦に仕え、郡県制に見られるような法家思想に立脚した中央集権的な統治体制を整え、秦の大国化に貢献した。韓非は性悪説に基いた信賞必罰の徹底と法と術(いわば臣下のコントロール術)と用いた国家運営(法術思想)を説いた。また、韓非は矛盾や守株待兔といった説話を用いて儒家を批判したことでも知られている。中国統一を果たした始皇帝も、宰相として李斯を登用して法家思想による統治を実施した。 ただし、秦において法が厳格すぎたがゆえ、かえって国運を危うくしたエピソードとして以下のものがある。 新法の改革をした商鞅は反商鞅派によって王に讒訴されて謀反の罪を着せられた際には、都から逃亡して途中で宿に泊まろうとしたが、宿の亭主は商鞅である事を知らず「商鞅さまの厳命により、旅券を持たないお方はお泊めてしてはいけない法律という事になっております。

砲火

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

法科

概要 (Wikipediaから引用)

法科大学院(ほうかだいがくいん)は、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とする日本の専門職大学院。修了すると、新司法試験の受験資格と「法務博士(専門職)」の専門職学位が与えられる。アメリカ合衆国のロー・スクールをモデルとした制度であることから「ロー・スクール」と通称される。 法科大学院は「専門職大学院であって、法曹に必要な学識及び能力を培うことを目的とするもの」をいうと定められている(法科大学院の教育と司法試験等との連携等に関する法律・第2条第1項)。法科大学院の制度は、2004年(平成16年)4月に創設された。 法科大学院の課程の標準修業年限は、3年である。ただし、入学試験で各法科大学院で法学既修者の水準にあると認められた場合、2年とすることもできる(専門職大学院設置基準)。一般に、3年の課程を未修(法学未修者課程)、2年の課程を既修(法学既修者課程)という。 修了要件は、93単位以上の単位の修得である(専門職大学院設置基準)。修了者は、新司法試験の受験資格及び「法務博士(専門職)」の専門職学位を取得する(学位規則)。

放課

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

法貨

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

放歌

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

放火

概要 (Wikipediaから引用)

『放火及び失火の罪』より : 放火罪(ほうかざい、英: arson、独: Brandstiftung)とは、故意または悪意をもって建造物や自然保護区等に火を放つ犯罪である。自然発火や山火事のような、他の原因とは区別される。普通は他人の財産または保険金目的で自分の財産に対して故意に生じさせた火災をいう。 法律上の定義 コモン・ロー 放火罪(Arson、スコットランドではfire-raising)は、コモン・ローでは、「他人の住居を故意に燃やすこと」と定義される。 要件は、 故意に (malicious) 他人の 住居を (dwelling) 燃やすことである。 故意 - コモン・ローの解釈上、「故意 (malicious)」とは、燃焼の重大な危険を引き起こす行為を意味する。犯人が、住居を燃やすため、故意に (intentionally) またはわざと (willfully) その行為をしたことを要しない。 他人の - 自分の住居を燃やすことは、コモン・ロー上の放火罪を構成しない。ただし、コモン・ロー上の放火罪の解釈上、所有権ではなく占有が「その住居は誰のものか」を決定する。

放下

概要 (Wikipediaから引用)

放下(ほうか)とは、 日本における大道芸のひとつ。田楽法師の伝統を受け継ぐ雑芸。 キリスト教神秘主義で用いられる概念。本項では、1.と2.について説明する。 大道芸「放下」 放下は、室町時代から近世にかけてみられた大道芸のひとつである。 「放下」の語はもともと禅宗から出た言葉で、一切を放り投げて無我の境地に入ることを意味したが、「投げおろす」「捨てはなす」の原義から派生して鞠(まり)や刀などを放り投げたり、受けとめたりする芸能全般をあらわすようになったと考えられる。 放下は、奈良時代に散楽の一部として中国大陸から伝来した曲芸・軽業的諸芸が、中世に入ってもっぱら放下師・放下僧によって演じられるようになったものである。 中世 室町時代中期、芸能の中心となったのは、屋外を舞台に、雑芸を生業とする放浪の大道芸人であったが、なかでも人気だったのが放下師であった。放下師はまた、単に「放下」ともいわれた。 放下師(放下)がおこなった芸には、中国から渡来した鼓のようなかたちの空中独楽の中央のくびれ部分に紐を巻き付けて回転させたり、空中高く飛ばしたりして、自在に使い分ける輪鼓(りゅうご)や田楽芸の「高足」から転じた連飛(れんぴ)、また、鞠・短刀などを空中に投げ上げて自在にお手玉する品玉(しなだま)、八ツ玉、手鞠、弄丸(ろうがん)などがあり、従来の散楽や田楽から学び習った曲芸や奇術を専業化し、人びとが行き交う大道や市の立つ殷賑の地などでこれを演じて人気を博した。