「ほうかい」とは?

言葉 詳細
法界

概要 (Wikipediaから引用)

法界寺(ほうかいじ)は、京都市伏見区日野にある真言宗醍醐派別格本山の寺院。山号を東光山と称する。本尊は薬師如来(秘仏)、開基は伝教大師最澄とされている。藤原氏の一族である日野家の氏寺で、「日野薬師」あるいは「乳薬師」の別名で知られる薬師信仰の寺であるとともに、国宝の阿弥陀堂と阿弥陀如来像を有することでも知られる。 法界寺は、醍醐寺の南方、宇治市との境界に近い、京都市伏見区日野に所在する。日野は、『方丈記』の著者である鴨長明の住んだ地であり、親鸞の生誕地としても知られる。かつて山城国宇治郡日野と呼ばれたこの地は、日野家の領地であった。日野家は藤原北家の一族で、儒学や歌道をよくした家柄である。 平安時代後期の永承6年(1051年)、もと文章博士で後に出家した日野資業が、薬師如来を安置する堂を建てたのが法界寺の始まりとされている。薬師如来像の胎内には、資業から4代前の家祖・藤原家宗から代々伝わる、伝教大師最澄自作の三寸の薬師像を納入したという。 寺の草創時期については別の伝えもある。すなわち、家宗が弘仁13年(822年)、最澄自作の薬師像を本尊とし、最澄を開基として一族の氏寺を建てたとするものである。

崩潰

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

抱懐

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

崩壊

概要 (Wikipediaから引用)

『放射性崩壊』より : 崩壊(ほうかい) 放射性同位体が状態を変化させる現象。→放射性崩壊 斜面が集中豪雨などにより崩壊すること。→斜面崩壊 社会現象。→学級崩壊、医療崩壊。