「ほうがん」とは?

言葉 詳細
方眼

概要 (Wikipediaから引用)

方眼紙(ほうがんし)とは、予め升目が印刷された紙のことである。升目の間隔は用途により様々で、1mm、5mm、10mmなどがあるが、紙の端の部分には升目が印刷されていないことがある。方眼紙は、統計図表 グラフやドット絵を描いたり、工作に使用したりするのに利用される。特殊な用途に用いる方眼紙として、対数方眼紙では規則的な配列をした(目盛りの間隔が対数で表されている)長方形が並ぶ形となっている。両対数方眼紙と片対数方眼紙がある。対数を取った時に何らかの関係性が現れるような事象のグラフを描くためなどに用いられる。三角図表(合計して100%となる3変数を示すグラフ)を描くために、升目が正三角形になっている方眼紙もある。1mm方眼紙の多くは、10本に1本の間隔で太線、5本に1本の間隔で中太線が挿入されているものが多い。

砲丸

概要 (Wikipediaから引用)

『砲丸投げ』より : 砲丸投 (ほうがんなげ) は、陸上競技のうち、フィールド競技に属し、投擲競技の種目で、砲丸を遠くに投げる能力を競う競技である。 陸上競技における正しい表記は砲丸投であるが、学校教育や新聞記事など陸上競技関係者以外が多く関わる場面では砲丸投げと表記されることもある。 規定 砲丸の重さは、性別(男子・女子)と年齢(一般・高校・中学)によって定められている。2.135メートル(7フィート)の円内から前方に投擲する。投擲の円内を中心とする、34.92度の扇形の内側の地面に落下したものだけが有効な試技となり、それ以外の場所に落ちた投擲は記録なし(ファウル)となる。線上はファウルである。またサークルの中心から左右に横線が引かれており、その線の後ろ以外から出るとファウルとなる。 投てき方法 規定上、砲丸が両肩を結ぶ線より後方になってはならないため、砲丸をあご若しくは首の付近で固定し、片手で押し出すように投げる。(いわゆる野球のピッチャー投げ、または投擲の手を伸ばし円盤投げの手法で投擲するのは、ファウルとなる) グライド投法(オブライエン投法)はパリー・オブライエン(アメリカ)によって考案された投法で、投擲方向に背を向ける形で構える独創的なもので、助走と上体の捻転から生まれる力をより長い時間砲丸に加えることで、それまでの投法よりも飛距離を稼ぐことができる。

判官

概要 (Wikipediaから引用)

じょう。四等官の第三位の官。 ほうがん、はんがん。源義経の称。検非違使の尉(判官)で九郎判官と呼ばれたため。判官贔屓の語源。 かつての日本統治時代の台湾および関東州における裁判官の官名。台湾総督府法院判官、関東法院判官。

包含

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。