「ぼ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

墓(はか)は、遺体(または遺骨)を葬り、故人を弔う場所。墳墓(ふんぼ)、墳塋(ふんえい)等ともいう。一般に墓石・墓碑などの目印を置き、これを墓標(ぼひょう)という。また、この墓石・墓碑を指して墓ということもある。 王などの有力者は巨大な墓を築くことが多く、それらは単に死者を祀る場ではなく、故人の為した業績を後世に伝えるモニュメントとしての性格も帯びる。王や皇帝の墓は法令または慣習により、陵、陵墓と呼ぶ。また、古代日本では墓を「奥都城、奥津城(おくつき)」と呼んでおり、これにならって、神道墓をそう呼ぶ。 なお、実際に遺体や遺骨を埋葬する場所である墳墓は「築く」といい、その位置や故人の名を刻んだ墓石や塔は「建てる」という。これを建てた人という意味で建立者の名を刻む場合は、ほとんどが「建之」の字を当てる。 また、「墓場」という語は、墓地(埋葬される場所)と刑場(殺害される場所)の2種類の意味があり、文脈で意味するものが異なる。例えば、映画や小説などのフィクション作品で見られる「ここが貴様の“墓場”だ」という台詞では、“墓場”は、いわゆる“刑場”を意味する。

簿

概要 (Wikipediaから引用)

『全経簿記検定』より : 簿記能力検定試験(ぼきのうりょくけんていしけん)とは、全国経理教育協会が主催している検定試験である。一般に「全経簿記検定」と呼ばれる事が多い。制限なし 上級・・・7,000 1級会計・・1,500 1級工簿・・1,500 2級・・・・1,500 3級・・・・1,200 4級・・・・1,000ランク試験時間制限時間商業簿記・会計学工業簿記・原価計算工業簿記商業簿記

概要 (Wikipediaから引用)

戊(ぼ、つちのえ)は、十干の5番目である。陰陽五行説では土性の陽に割り当てられており、ここから日本では「つちのえ」(土の兄)ともいう。方位では中央に宛てられる。時刻では午前4時ごろを指し、午前4時から午前6時までを戊夜(ぼや)という。 戊の字は「茂」に通じ、植物の成長が絶頂期にあるという意味で、十干の5番目に宛てられた。 十干を順位づけに使った場合には、戊は5番目の意味となる。 西暦年の下一桁が8の年が戊の年となる。 中国語の化合物命名法では、ペンタン、ペンチル基など、炭素を5つ含む化合物や官能基に付けられる。 戊を含む干支 戊辰 戊寅 戊子 戊戌 戊申 戊午。

ぼる

概要 (Wikipediaから引用)