「ぼいやー」とは?

言葉 詳細
ボイヤー

概要 (Wikipediaから引用)

ボイヤー-ムーア文字列検索アルゴリズム(Boyer-Moore String Search Algorithm)は、効率的な文字列探索 文字列検索アルゴリズムの一種。Robert S. Boyer と J Strother Moore が 1977年に開発した。ボイヤー-ムーア法とも呼ばれる。このアルゴリズムでは検索対象文字列(キー)の前処理を行い、検索対象テキストの前処理は行わない(他のアルゴリズムではテキストに前処理を施し、繰り返し検索を行うことで前処理のコストを償却する)。ボイヤー-ムーア法の実行時間は半線形時間である。テキスト上の全文字をチェックする必要はなく、スキップしながら処理していく。一般にキー文字列が長いほど検索が高速化される。検索文字列とテキストの間での不一致が発生するたびに、不一致であったという情報を最大限に利用して照合しなくてもいい位置を可能な限り排除することで、効率を向上させている。