「ぼいらー」とは?

言葉 詳細
ボイラー

概要 (Wikipediaから引用)

ボイラー(boiler)は、燃料を燃焼させて得た熱を水に伝え、水蒸気や温水(=湯)に換える熱交換装置を持った熱源機器である。日本工業規格(JIS)や学術用語集ではボイラと表記されるほか、汽缶(きかん、汽罐)、あるいは単に缶やカマともいう。主に工場、建築物等で利用される熱や水蒸気をつくることや、蒸気機関車等の動力源として、古くから利用されており、現在でも火力発電所などの発電設備ならびに大型船舶では、蒸気タービンと並んで主要な設備である。 原子力発電所は加熱源としてボイラを原子炉に置き換えたもの。一般にボイラとは燃料の燃焼熱を加熱源とするものを指す。原子炉はボイラと比べて特異な点が多く、別の専門分野として扱われている。。 給湯や温水暖房などでの利用のみを目的とし、高圧蒸気を発生させない物を、特に無圧ボイラーと呼んで区別する場合がある。 水の流れ 水処理装置で硬度分を除去し、給水ポンプで圧力を上げる。水位検出器で水位が調整される。特に貫流ボイラーは純度の高い水が必要である。 給水予熱器(節炭器)で給水を予熱する。 主伝熱部の蒸発器で燃焼ガスと熱交換を行い、飽和蒸気を発生する。