「ぼうくうごう」とは?

言葉 詳細
防空ごう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

防空壕

概要 (Wikipediaから引用)

防空壕(ぼうくうごう)は、敵方の航空機の攻撃(空爆、機銃掃射)およびミサイル攻撃から避難するために地下に造られた施設。避難壕(シェルター)の一種である。 防空壕の特徴 鉄筋コンクリート造のものも一部に造られたが、第二次世界大戦時の空襲に備えたものは、物資難の状況から多くは土に穴を掘り、周囲に土を盛ったり、廃材を利用して築いていた。 都市部に造られた簡易なものは、大戦の終結後まもなく破壊されたが、郊外に造られた洞窟状の防空壕や、鉄筋コンクリート造のものが残っていることもある。戦争遺跡として保存すべきという意見もあるが、崩落など事故が懸念されるものもあり、各地で問題になっている。 冷戦期には大量破壊兵器の恐怖からNBC、すなわち核兵器、生物兵器、化学兵器から防護されたシェルターや、その機能を持つ地下鉄駅などが盛んに作られた。 日本の防空壕 用途 日本では第二次世界大戦中に、アメリカ軍をはじめとする連合国軍機による銃後への大規模空襲が現実のものとなり、空襲の危険から逃れるため、1944年頃から学校の校庭、強制疎開跡の空き地、個人宅内などに大量に作られるようになる。