「ぼうこく」とは?

言葉 詳細
某国

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

亡国

概要 (Wikipediaから引用)

『亡国のイージス』(ぼうこくのイージス)は、1999年に講談社から刊行された福井晴敏の小説。これを原作として、映画(2005年公開)・漫画などのメディアミックス展開がなされている。 2000年に日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞、大藪春彦賞をトリプル受賞した。また、これを基にした映画が2005年公開され、モーニングでもこれを基にした漫画が連載されている。この物語の後日談としてコーエーがPlayStation 2用ゲームとして『亡国のイージス2035 〜ウォーシップガンナー〜』を発売している。 2006年現在、発行部数は110万部を越える。 前作『Twelve Y. O.』の続編にあたるが、短編集や漫画も含めれば、『6ステイン(920を待ちながら)』や『C-blossom case729』の続編でもある。。 あらすじ 以下は単行本『亡国のイージス』についての解説である。 海上自衛官である宮津弘隆が北朝鮮工作員ホ・ヨンファと結託し、自分の座乗艦であるミニ・イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「いそかぜ」(艦番号はDDG183)に特殊兵器「GUSOH」を持ち込み反乱を起こした。