「ぼんぬ」とは?

言葉 詳細
ボンヌ

概要 (Wikipediaから引用)

ボンヌ・ド・リュクサンブール(Bonne de Luxembourg, 1315年3月20日 - 1349年9月11日)は、ルクセンブルク家のボヘミア王ヨハン・フォン・ルクセンブルク ヨハン(盲目王)の娘で神聖ローマ皇帝カール4世 (神聖ローマ皇帝) カール4世の同母姉。母はボヘミアとポーランド王国 ポーランドの王ヴァーツラフ2世の娘エリシュカ・プシェミスロヴナ エリシュカ。フランス王国 フランス王ジャン2世 (フランス王) ジャン2世の妃だが、ジャン2世が即位する前年に死去した。シャルル4世 (フランス王) シャルル4世の2番目の王妃マリー・ド・リュクサンブールは叔母に当たる。1332年7月28日に17歳で王太子ジャン、後のジャン2世と結婚した。この時、新郎は13歳であった。その後、ボンヌが1349年にペストで死去するまでに、2人は4男5女をもうけた。