「ぽつだむ」とは?

言葉 詳細
ポツダム

概要 (Wikipediaから引用)

ポツダム(Potsdam)はドイツ連邦共和国東北部に位置する郡独立市。ブランデンブルク州の州都である。人口は約16万人。旧東ドイツ領。東ドイツ時代は、ポツダムを県都とするポツダム県が置かれていた。 地勢・交通 ベルリンの西南近郊に位置し、ベルリンの中心街から約26kmである。ベルリンからSバーン(近郊列車)で行くことができる。ハーフェル川が流れ、いくつかの互いにつながった湖がある。 タキトゥスによれば、青銅器時代はゲルマニアの1部であった。ゲルマン民族の民族移動時代後、スラヴ人が7世紀頃にHevelli部族の移住とし入って来た。オットー3世 (神聖ローマ皇帝)はその土地をクヴェードリンブルクの修道院に授与した際、初めて993年の文献にPoztupimiとして記述されている。1317年までは小さな町として記述されていた。1345年に都市特権を得た。1573年のポツダムは、人口2000人程度の小さな市場町であった。三十年戦争によって、ポツダムは人口の半分近くを失った。 ポツダムの命運が劇的に変わったのは、1660年にブランデンブルク=プロイセンの選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの狩猟館として選ばれてからである。