「ぽてとちっぷす」とは?

言葉 詳細
ポテトチップス

概要 (Wikipediaから引用)

ポテトチップス (potato chips) とは、薄切りにして冷水で短時間さらした後高温の油で軽く色づくまで揚げたじゃがいものことである。保存が利き、冷めても美味しい。それを塩や香辛料で味付けしたスナック菓子のこと。ポテトチップあるいは、クリスプス (Crisps) とも呼ばれる。日本ではポテチ、チップスなどと省略される場合がある。 呼称 アメリカ英語ではポテトチップス(米:Potato chips)。イギリス英語・アイルランド英語ではクリスプス(英:Crisps)。イギリス英語でチップス(英:chips)は、アメリカ英語ではフレンチフライ(米:french fries)を意味する。 また、これが「フィッシュ・アンド・チップス」の「チップス」が日本の「ポテトチップス」ではなく「フライドポテト」に相当するものである理由でもある。 アメリカ合衆国ニューヨーク州サラトガスプリングのレストラン Moon Lake Lodge のシェフ、ジョージ・クラム (George Crum) によって1853年8月24日に発明された、という説が有力である。