「ぽてんしゃる」とは?

言葉 詳細
ポテンシャル

概要 (Wikipediaから引用)

ポテンシャル(英: potential)は、潜在力、潜在性を意味する物理用語。 最初にポテンシャル(スカラーポテンシャル)の考え方を導入したのは、ジョゼフ=ルイ・ラグランジュである(1773年)。ラグランジュの段階ではポテンシャルとは言われておらず、これをポテンシャルと呼んだのは、ジョージ・グリーンである(1828年)。カール・フリードリヒ・ガウス、ウィリアム・トムソン、ペーター・グスタフ・ディリクレによってポテンシャル論における三つの基本問題として、ディリクレ問題、ノイマン問題、斜交微分の問題が注目されるようになった。 ポテンシャルエネルギー(位置エネルギー)のことをポテンシャルと呼ぶこともある。 ポテンシャル(狭義) 空間内において、空間内の各点に働く力F が、当該点上のある定まった量V から、 として求まる時、V を力F のポテンシャルと言う。上式の関係より、V は勾配におけるスカラーポテンシャルである。なお、gradは勾配、\nablaはナブラである。 一つの質点を考え、これが力F の作用する場(力場)にあり、当該質点がdl (dx , dy , dz )だけ変位した時、その力のなした仕事dW は(以下、直交座標系を考える)、 となる。