「ま」とは?

言葉 詳細

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

間(けん)は、尺貫法で使う長さの単位である。日本では計量法により取引・証明(計量法#取引又は証明に該当するもの・しないもの)に用いることは禁止されている。 本来、建物の柱の間隔を1間とする、長さそのものではない単位だった(現在でも俗に和室の寸法などで使われる)が、日本では農地の測量に使われるようになり、ある長さを1間とする長さの単位となった。それゆえ、中国の度量衡にはない単位である。 近代の間 1891年(明治24年)の度量衡法で1間=6尺と定義され、計量法施行法(昭和26年法律第208号)第5条第1号においても踏襲された。同時に1尺=(10/33)メートルと定められたので、1間は約1.818 1818メートルである。60間が町(丁)となる。また、1坪(歩)の面積の正方形の1辺が1間である。 計量法(昭和26年法律第208号)(1951年6月7日公布・1952年3月1日施行)の導入に伴い、1958年12月31日限り(土地と建物については延長された。

概要 (Wikipediaから引用)

ま、マは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第7行第1段(ま行あ段)にある。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /ma/。両唇を閉じて鼻から声を出す有声子音/m/とあからなる音。 五十音順: 第31位。 いろは順: 第30位。「や」の次、「け」の前。 平仮名「ま」の字形: 「末」の草体 片仮名「マ」の字形: 「末」の上の部分と「万」の混合 ローマ字: ma 点字: 「ま」の点字 通話表: 「マッチのマ」 モールス信号: -・・- 手旗信号:9→550px50px 発音:Japanese ma.ogg ま ま に関わる諸事項 変体仮名:「馬」 千葉マリンスタジアムをスポーツ新聞などのメディア媒体で表現する際に「マ」(「マリン」より)の1文字で略記されることがある。

概要 (Wikipediaから引用)

『命題』より : 真、眞 論理値の2つのうち1つ(しん) 真実(まこと)。