「まあい」とは?

言葉 詳細
間合

概要 (Wikipediaから引用)

間合い運用(まあいうんよう)とは、主に鉄道などの交通機関における運用法の一種である。本来は特定の路線・便のために用意された車両・機材を、遊休時間に本来の用途ではない他の路線・便へ流用することをいう。また、これによって運用される路線・便そのものを指す場合もある。車両等の待機時間を減少させ、運用を効率化させるために実施される。 鉄道 鉄道においては、本来は用途や使用路線が限定されている車両を異なる種別・路線の列車に充てることをいう。特急形車両や急行形車両を普通列車・快速列車・ホームライナーなどに用いる例が多い。運用効率向上のほか、占有面積の大きい留置列車を減らすことで車両基地のスペースを節約できるという副次的効果もある。 また、車両基地と始発・終着駅との間で列車を回送する代わりに営業運転することも間合い運用と呼ばれることがある。回送列車をその区間の需要に応じた旅客輸送に利用することにより、経済的な効率を向上させている。ただし、この場合は主に送り込み列車と呼ばれる。 複数の事業者で相互乗り入れを実施している場合、乗り入れ先での運行距離の調整により車輌使用料の相殺を図る場合がある。

間合い

概要 (Wikipediaから引用)

間合い運用(まあいうんよう)とは、主に鉄道などの交通機関における運用法の一種である。本来は特定の路線・便のために用意された車両・機材を、遊休時間に本来の用途ではない他の路線・便へ流用することをいう。また、これによって運用される路線・便そのものを指す場合もある。車両等の待機時間を減少させ、運用を効率化させるために実施される。 鉄道 鉄道においては、本来は用途や使用路線が限定されている車両を異なる種別・路線の列車に充てることをいう。特急形車両や急行形車両を普通列車・快速列車・ホームライナーなどに用いる例が多い。運用効率向上のほか、占有面積の大きい留置列車を減らすことで車両基地のスペースを節約できるという副次的効果もある。 また、車両基地と始発・終着駅との間で列車を回送する代わりに営業運転することも間合い運用と呼ばれることがある。回送列車をその区間の需要に応じた旅客輸送に利用することにより、経済的な効率を向上させている。ただし、この場合は主に送り込み列車と呼ばれる。 複数の事業者で相互乗り入れを実施している場合、乗り入れ先での運行距離の調整により車輌使用料の相殺を図る場合がある。