「まい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

米(こめ、英: rice)は、稲の果実である籾から外皮を取り去った粒状の穀物である。穀物の一種として米穀(べいこく)とも呼ぶ。東アジア・東南アジア・南アジア以外では一般的に主食として特別視することが希薄であり、日本語でいう「米」「稲」「飯」といった、収穫前・収穫後・調理前・調理後などによる区別がない言語が多数ある。例えば英語圏ではすべてriceという同一の単語で扱われる。 イネの系統と米 イネ科植物にはイネのほかにも、コムギ、オオムギ、トウモロコシなど、人間にとって重要な食用作物が含まれる。イネはトウモロコシ、コムギとともに世界三大穀物と呼ばれている。 イネ科イネ属の植物には22種が知られている。このうち野生イネが20種で栽培イネは2種のみである。栽培イネは大きくアジアイネ(アジア種、サティバ種、Oryza sativa L.)とアフリカイネ(アフリカ種、グラベリマ種、Oryza glaberrima Steud.)に分けられる。

概要 (Wikipediaから引用)

枚方市(ひらかたし)は、大阪府北河内地域に位置する市。本項では市制前の名称である枚方町(ひらかたちょう)についても述べる。 京都府・奈良県との府県境に位置する。2014年4月1日に中核市に移行した。京街道の宿場町であり、かつて北河内郡役所も置かれた北河内地域の中核的な都市として発展した。七夕伝説やひらかたパーク、また6つの大学、全国高校ラグビー大会の優勝校、バレーボールVリーグパナソニックパンサーズの本拠地がある。 市西部は京阪電気鉄道京阪本線、市東部はJR東西線で京橋・北新地・尼崎と結び、市中心部は国道1号が走り、市東部には新しく第二京阪道路が開通した。 地理 枚方市は、大阪市と京都市のほぼ中間にあたる大阪府北東部、大阪市から京都市に向って約20kmの淀川左岸に位置する。東西12.0km、南北8.7kmの三角形を成しており、面積は65.12km²となっている。 東の生駒山地と西に流れる淀川に囲まれており、市の東側は生駒山地に至る山地、市の中心部から西は大阪平野の北東端となっている。

概要 (Wikipediaから引用)

舞(まい)とは、日本舞踊のうちメロディに合わせた旋回運動を主としたもの。明治以前は踊りとは、はっきりと区別されていたが、ダンスの和訳として舞踊という言葉ができ区別が意識されなくなった。 解説 古典的な神楽に大陸からの渡来芸が加わったものとされ、民衆の中から生まれた踊りに較べて専門的技能を要するものである。ゆえに世襲的に伝えられてきたものが多いが、明治維新後は家禄を失ったことにより多くは絶えてしまい、伝統芸能としては能楽の要素として残される程度である。しかし多くの民俗芸能(郷土芸能)が重要無形民俗文化財に指定されている他、その伝統を引き継ぐものは多々あり、面影をしのぶことができる。 なお室町時代から江戸時代の初期にかけては、舞(まい)といえば幸若舞を指すことが多かった。 舞楽 舞楽とは、舞をともなった雅楽を指している。日本の舞楽は唐楽・林邑楽・度羅楽・高麗楽・新羅楽・百済楽といった、中国を中心とした広い範囲の種種雑多な諸楽を楽舞群としてまとめたもので、日本に伝来したのは欽明天皇の時代から推古天皇の時代にかけてと考えられる。

まい

概要 (Wikipediaから引用)

『まいにちいっしょ』とは、ソニー・コンピュータエンタテインメントによって提供されていた、PlayStation 3 (PS3) およびPlayStation Portable (PSP) 向けのソフトウェアであり、PSP向けには『まいにちいっしょ ポータブル』として提供された。 3周年となる2009年11月11日に『週刊トロ・ステーション』の配信が始まるのと同時に、新規ダウンロードが終了し、2010年3月31日をもってサポートが、2010年5月31日をもってサービスが終了。 ソフトウェア自体はともにPlayStation Storeで無償で配信されており、一部アイテムのみ有償(アイテム課金)の形をとっている。 内容は「トロ」と毎日一緒に過ごす事ができる。トロの行動を眺めたり、毎日配信のニュースを見たり(トロ・ステーション)、プレゼントを贈ったり、トロのコスプレによるミニゲーム、部屋の模様替えなども可能となっている。

稀衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

磨衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

麻衣

概要 (Wikipediaから引用)

麻衣(まい)は、日本人の女性の名前の一つ。 麻衣 (歌手) 麻衣 (モデル) 麻衣 (タレント)。

マイ

概要 (Wikipediaから引用)

マイ ドイツ圏の姓(May)。英語のメイに対応する。 エルンスト・マイ - ドイツの建築家、都市計画家。 カール・マイ - ドイツの小説家。 クリストフ・マイ - ドイツのジャズ・クラリネットおよびサクソフォーン奏者。 コリンナ・マイ - ドイツの歌手。 マイ (小惑星) - 小惑星帯の小惑星。カール・マイにちなむ。 ベトナムの姓(Mai)。梅 (姓)を参照。 マイ郡(May) - ラオス、ポンサーリー県の郡。 関連項目 まい。

真衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

麻依

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

播く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

卷く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

まく

概要 (Wikipediaから引用)

『枕投げ』より : 枕投げ(まくらなげ)は、複数人で枕を投げ合う遊戯である。複数の参加者と、適当な広さの場所、十分な数の枕があれば実行できる。また、チームを組んで行うこともある。移動教室や修学旅行などの学校の宿泊行事で、しばしば教師の目を盗んで行われる。枕合戦とも呼ぶが、これはピローファイト(枕叩き)を意味する場合もある。 枕投げの歴史は、現在のところ、ほとんど分かっていない。「枕投げ」という言葉そのものも、多くの国語辞典には未記載の語であり、文献上の初出例も明らかでない。 物を投げ合う習俗そのものは古くから存在した。中世の「飛礫(つぶて)打ち」もそのひとつで、祭礼などのハレの行事や、一揆や打ち壊しにあたっての「石打(いしうち)」などが記録に残る。遊戯的なものとして、2組に分かれて石を投げあう「石合戦」もあった。 また、雪玉を投げ合う「雪打ち」と称する習俗も、すでに中世の資料に見られる(『御湯殿上日記』の文明年間の記事など)。これが、明治時代以降の資料では「雪投げ」「雪合戦」と称され、今日でも子どもの遊びとして盛んに行われている。

参る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

蒔く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

巻く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

捲く

概要 (Wikipediaから引用)

『脚質』より : フジマツモ科マクリ属の紅藻についてはマクリを参照。 まくり (捲りとも表記する) 公営競技における戦法のひとつ。 競馬については、脚質#まくりを参照。 競艇については、競艇#1周目1ターンマークの攻防を参照。 競輪については、競輪#競輪の主な戦法を参照。 麻雀で、オーラスに和了し、逆転して1位になること。

舞う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

まう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

撒く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

詣る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

まいる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『千葉ロッテマリーンズ』より : 千葉ロッテマリーンズ(ちばロッテマリーンズ 、英語: Chiba Lotte Marines)は、日本のプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属している。 千葉県を保護地域とし、同県千葉市美浜区にあるQVCマリンフィールドを専用球場(本拠地)としている。また、二軍(イースタン・リーグ所属)の本拠地は埼玉県さいたま市南区にあるロッテ浦和球場である。 球団の歴史 東京時代 = 毎日時代 = 1949年9月、毎日新聞社を親会社とする毎日球団が設立され、「毎日オリオンズ(まいにちオリオンズ)」が結成された。毎日新聞社はもともと昭和初期にセミプロ野球チーム『大阪毎日野球団』を組織していた。戦後、正力松太郎からの勧誘を契機に球団結成の気運が高まり、戦前の大阪毎日野球団を基礎に、自ら主催する都市対抗野球の有力選手をスカウトして球団を結成。9月21日、日本野球連盟に加盟を申請。 リーグ拡大の機運にも乗って加盟を申請したが、毎日新聞のライバル会社であった読売新聞社(読売ジャイアンツの親会社)・中部日本新聞社(中日ドラゴンズの親会社)が強く反発。