「まね」とは?

言葉 詳細
マネ

概要 (Wikipediaから引用)

『エドゥアール・マネ』より : エドゥアール・マネ(フランス語: Édouard Manet, 1832年1月23日 - 1883年4月30日)は、19世紀のフランスの画家。 ギュスターヴ・クールベと並び、西洋近代絵画史の冒頭を飾る画家の一人である。マネは1860年代後半、パリ、バティニョール街の「カフェ・ゲルボワ」に集まって芸術論を戦わせ、後に「印象派」となる画家グループの中心的存在であった。しかし、マネ自身が印象派展には一度も参加していないことからも分かるように、近年の研究ではマネと印象派は各々の創作活動を行っていたと考えられている。 生涯 マネは1832年、パリのセーヌ川左岸の一角で対岸にルーブル宮殿を望むボナパルト街で、謹厳なブルジョワの家庭に3人兄弟の長男として生まれた。父は法務省の高級官僚でレジオンドヌール勲章も授与されており、母ウジェニーはストックホルム駐在の外交官フルエニ家の娘であった。1844年名門中学コレージュ・ロランに入学。この頃から画家になることを考え始め、美術好きの伯父フルエニ大佐に連れられ、ルーブル美術館などで古典絵画作品に親しく接する。

真似る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

まねる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

まね

概要 (Wikipediaから引用)

まねだ 聖子( - せいこ、1969年3月4日 - )は、東京都杉並区出身のものまねタレント。本名・久山祐美子(くやま ゆみこ)。スリーサイズはB83W60H86。クヤマプロモーション所属。松田聖子のそっくりさんとして知られる。夫は寅さんのそっくりさんであるゴジーラくやま。東京都新宿区にあるものまねショーレストラン「そっくり館(やかた)キサラ」にはオープン当初からコージー冨田らと共に出演しており、当時は森高千里、工藤静香、薬師丸ひろ子をはじめ色々な歌手の歌まねをしていた。ある時、松田聖子がショートカットのウィッグを付けてCMに登場した。当時その髪型の松田聖子をものまねする人がいなかったので、もともと松田聖子の大ファンだったこともあり、「それじゃあ、気合い入れてなりきってみよう!」と思い、同じ型のウィッグを作り、メイクもプロの指導を受けた。その結果、自分でもビックリするほど本人に近づき、「まねだ聖子」としてステージに立つようになった。

真似

概要 (Wikipediaから引用)

麻雀のローカル役(まーじゃんのローカルやく)では、現在の日本の標準的な麻雀において正規には採用されていないが、一部のローカルルールで採用されている役、およびかつて採用されていた役を一覧する。各種ローカル役の由来や起源はさまざまであるが、本家中国麻雀に由来する役、日本で独自に考案されてある程度広まった役、アメリカや台湾など海外の麻雀に由来し日本に輸入された役などにおおむね分類できる。古い中国麻雀に由来する役のことを古役(こやく)と言うこともある。 以下に一覧するローカル役の大多数は、標準的なルールではほとんど採用されない。しかし一部の役満に関しては、各種オンライン麻雀において現在もなお採用されている。それぞれの採用状況の違いについては、本稿下部の#採用状況節を参照のこと。 三連刻 三連刻(さんれんこー)は、連続する3刻子(槓子)を含む和了形を作った時に成立する役。2飜。三連ポンとも呼ばれる。 (例)六索六索六索九索九索三筒三筒三筒四筒四筒四筒 五筒五筒五筒 四連刻 四連刻(すーれんこー)は、連続する4刻子(槓子)を含む和了形を作った時に成立する役。