「みあさ」とは?

言葉 詳細
美麻

概要 (Wikipediaから引用)

美麻村(みあさむら)は、長野県北安曇郡に存在した村である。 2006年1月1日、隣接する八坂村とともに大町市へ編入された。村名は麻の産地であったことに由来する。 地理 長野県の北西部に位置し、周りを1000m級の山々に囲まれた山村である。 村域の大部分は信濃川の支流である犀川の流域である。村内に端を発する犀川の支流は、土尻川、金熊川・当信川、稲尾沢川であり、それぞれ東、南、西と全くの別方向へと流下する。村北部の一部のみ姫川の流域であり、支流の谷内川が北へと流下する。 村西部の新行地区はそばの里として有名である。 山:権現山、尼子山 河川:土尻川、金熊川、当信川、稲尾沢川、谷内川 隣接していた自治体 大町市 上水内郡 信州新町、小川村 北安曇郡 八坂村、白馬村 1875年(明治8年)2月5日 - 筑摩県安曇郡大塩村・切明新田村・二重村・新行新田村・高地村・青具村・千見村が合併して美麻村となる。