「むあん」とは?

言葉 詳細
ムアン

概要 (Wikipediaから引用)

ムアン (タイ語: เมือง、ラーオ語: ເມືອງ、シャン語: ဓူိင္‌း) は歴史上タイ族の世界において多数の村のハブとして存在した都市や国主(チャオ)により治められていた街や村々の全体領域を表す言葉であり、村々の上位にある単位を表す言葉である。古くは都市国家をさした。現在では国、都市などを示す言葉となっている。ラオスではムアンは県の下位の行政区分である郡を表す行政用語である。 ラーンナー地域でのムアン ラーンナー世界などにおいては、ムーバーン(あるいはバーン)と呼ばれる村の集合体があり、それが複数集まりパンナーと呼ばれる集落を形成。さらにそれが軍事的な防御施設を持つようになると、ウィエン (เวียง) と呼ばれる都市を形成する(ヴィエンチャンのヴィエンはこのウィエンである)。特にウィエンの中でも王侯貴族がその支配に当たることによってチエン(เชียง) と呼ばれる(チエンマイの「チエン」や景洪の「景」、ケントゥンの「ケン」などがこれに当たる)。