「むえん」とは?

言葉 詳細
無縁

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

無煙

概要 (Wikipediaから引用)

『石炭』より : 無煙炭(むえんたん)とは最も炭化度の進んだ石炭。炭素含有量90%以上。石炭化度が高く、他の石炭類と比較し燃焼時の煤煙や臭いが非常に少ない。比重は1.32-1.7。硬度は2-2.5。 産地 国別の確認可採埋蔵量はアメリカが1159億トン(シェア22%),次いでインド824億トン(16%),中国622億トン(12%)である。採掘地としては中国が多い。 日本大嶺、秋田、筑豊、天草などに少量産出する。いずれも新生代第三紀層のもので新しく、瀝青炭・褐炭などが火山岩の熱を受けて炭化の進んだ煽石が多い。国内での大規模採炭としては1970年(昭和45年)の宇部興産山陽無煙炭閉山が最後となった。アメリカ合衆国ペンシルベニア州北東部には石炭地帯(Coal Region)と呼ばれる無煙炭の産出地が広がり、63億トンの埋蔵量が残っている。19世紀中盤から20世紀初頭にかけては、地域内にはスクラントンやウィルクスバリなどの炭鉱の街が栄えた。1962年に坑内火災を起こしたセントラリア炭田は、事故以前には良質な無煙炭を産出していた。

無鉛

概要 (Wikipediaから引用)

『高オクタン価ガソリン』より : 高オクタン価ガソリン(こうオクタンかガソリン)とは、レギュラーガソリンより高いオクタン価を持つガソリンのことである。 このガソリンは、「ハイオク」、「プレミアムガソリン」などいくつかの異なる名称で呼ばれ、ガソリンスタンドでも独自の商品名で呼ばれることが多い。 高オクタン価とは、石油燃料を内燃機関で燃やしたときにノッキングと呼ばれる障害の起こしにくさ(アンチノッキング性)の度合いが高いことを示しており、揮発性の有無や燃焼カロリーとは関係がない。 規格 具体的には、日本工業規格(JIS)でオクタン価が96以上のガソリンという規格が定められているが、実際に市販されているハイオクガソリンの多くは98 - 100のものとなっている。一部の元売り会社でハイオクガソリンの商品名に100という数字が付加されていたことがあったが、これはオクタン価100をアピールしたものであった(下記参照)。 商品としての位置付け かつて、日本国内で製造されたガソリンエンジン搭載の自動車は、全て有鉛ガソリン(有鉛レギュラーおよび有鉛ハイオク)仕様だった。

無援

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。