「むかいがわら」とは?

言葉 詳細
向河原

概要 (Wikipediaから引用)

向河原駅(むかいがわらえき)は、神奈川県川崎市中原区下沼部字玉川向にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線の駅である。 武蔵小杉駅管理の業務委託駅(JR東日本ステーションサービス委託)。 1927年(昭和2年)3月9日 - 南武鉄道線川崎 - 登戸間の開通時に向河原駅として開業。 1940年(昭和15年)8月5日 - 日本電気前駅に改称。 1944年(昭和19年)4月1日 - 南武鉄道が国有化。再び向河原駅に改称し、国鉄南武線の駅となる。 1973年(昭和48年)2月1日 - 貨物取り扱いを廃止。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2001年(平成13年)11月18日 - ICカードSuica供用開始。 駅構造 相対式ホーム2面2線の地上駅である。2つのホームはエレベーターを併設した跨線橋で接続されている。 かつては、2番線の外側に引き上げ線があったが、現在は撤去され、線路跡が残るのみとなっている。