「め」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

name 眼 英語=Eye ラテン語= 器官=感覚器 動脈= 静脈= 神経=視神経}}眼(目、め)とは、光を受容器 受容する感覚器である。眼で受容された光情報をもとに、視覚が生じる。眼は、眼球、視神経、付属器からなる。眼球は光受容に関連する。角膜、瞳孔、水晶体などの構造は、光学的役割を果たす。網膜において光は神経信号に符号化される。視神経は、網膜からの神経情報を脳へと伝達する。付属器のうち眼瞼や涙器は眼球を保護する。外眼筋は眼球運動に寄与する。多くの動物が眼に相当する器官を持つ。動物の眼には、人間の眼と構造や機能が大きく異なるものがある。以下、まずヒトの眼について述べ、動物全体についてはあとにまとめる。眼は眼窩に位置する。

概要 (Wikipediaから引用)

め、メは、日本語の音節の1つであり、仮名の1つである。1モーラを形成する。五十音図において第7行第4段(ま行え段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /me/。両唇を閉じて鼻から声を出す有声子音/m/とえからなる音。 五十音順: 第34位。 いろは順: 第40位。「ゆ」の次、「み」の前。 平仮名「め」の字形: 「女」の草体 片仮名「メ」の字形: 「女」の下の部分 ローマ字: me 点字: 「め」の点字 通話表: 「明治のメ」 モールス信号: -・・・- 手旗信号:3→550px50px 発音:Japanese me.ogg め め に関わる諸事項 語尾に付加して、一般・平均と比較した際の、(主観に基く)特徴・程度・状態を表す語として用いられる。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

海布

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

芽(め)とは、一般に新たに生じて成長しようとするものをいう。植物学においては、通常、未発達の枝のことをさし、茎の先端か、幹と葉の間に発生する。いったん形成されたのち、休眠状態に入る場合もあり、すぐに新しい枝を形成することもある。多くの樹木において、特に温帯および冷帯においては、芽は、その繊細な部分が芽鱗(がりん)と呼ばれる葉の変形物によってきつく包まれている。多くの芽鱗はゴム状の物質で覆われ、さらに保護されている。芽が成長すると、芽鱗は若干は大きく成長するが、最終的には脱落してなくなり、成長する幹の表面に、水平に伸びる痕跡を残す。