「めあかし」とは?

言葉 詳細
目明し

概要 (Wikipediaから引用)

『岡っ引』より : 岡っ引(おかっぴき)は、江戸時代の町奉行所や火付盗賊改方などの警察機能の末端を担った非公認の協力者。 呼称 正式には江戸では御用聞き(ごようきき)、関八州では目明かし(めあかし)、関西では手先(てさき)あるいは口問い(くちとい)と呼び、各地方で呼び方は異なっていた。岡とは脇の立場の人間であることを表し、公儀の役人(同心)ではない脇の人間が拘引することから岡っ引と呼ばれた。また、岡っ引は配下に下っ引と呼ばれる手下を持つことも多かった。 本来「岡っ引」という呼び方は蔑称で、公の場所では呼ばれたり名乗ったりする呼び方では無いが、時代小説や時代劇でこのように呼ばれたり表現されたりすることが多い。本項では、便宜上「岡っ引」で統一する。 起源は軽犯罪者の罪を許し手先として使った「放免」である。武士は市中の落伍者・渡世人の生活環境・犯罪実態について不分明なため、捜査の必要上、犯罪者の一部を体制側に取り込み情報収集のため使役する必要があった。

目明かし

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。