「めいきゅうかい」とは?

言葉 詳細
名球会

概要 (Wikipediaから引用)

一般社団法人日本プロ野球名球会(にっぽんプロやきゅうめいきゅうかい、英名: Golden Players Club)は、日本のプロ野球でプレーした選手および元選手による法人格をもった団体である。通称:名球会(めいきゅうかい)。現在の理事長はWBC第3回大会(2013)日本代表監督を務めた山本浩二、顧問は読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄と福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長の王貞治。 1978年7月24日に設立された。当初の入会条件の中に昭和生まれであることが規定されていたため「昭和名球会(しょうわめいきゅうかい)」とも呼ばれていたが、現在では記録・実績における入会資格の条件を満たせば平成生まれでも入会できるようになった。なお、1926年12月24日(大正15年12月24日)以前に生まれた元選手については未だに入会することができない。 2009年11月、金田正一が名球会とトップから退いた。これは、金田のワンマン運営と金銭関係の不透明さへ不満を持った一部会員がクーデターを起こしたためだと報じられた。