「めんるい」とは?

言葉 詳細
めん類

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

麺類

概要 (Wikipediaから引用)

『麺』より : 麺(めん)とは、食品の一種。小麦粉(あるいは、蕎麦粉、米粉など各種の穀類の粉やデンプンなど)に水と塩などを加えた生地を細く長くしたものである。 中国語における「麺」は後述のように小麦粉そのもの、または小麦粉の生地を細く長くしたもの。 日本では、小麦、蕎麦、米などを製粉し、水などを加えて混練してから主に細長い形に加工した食品を麺または麺類と呼ぶ。また後述されるように、コンニャクや海藻など材料が何であっても、形状により「麺」として扱われる。 麺は当用漢字になかったため、法令では平仮名で「めん」と書かれる(「カップめん」など)。 世界各地には、様々な食材を原料とした多種多様な麺が存在している。さらに麺を調理した麺料理となると、そのバリエーションは数え切れないほどである。日本では中国を上回る普及ぶりを示したラーメン、旧来からのそば、うどんをはじめ、近年はパスタ類も一般化しており、そうめん、冷麦なども併せ、世界でもトップクラスの麺類愛好国となっている。