「もうがっこう」とは?

言葉 詳細
盲学校

概要 (Wikipediaから引用)

盲学校(もうがっこう)は、視覚障害者に対する教育を行う特別支援学校の校名の一形態である。2007年4月1日より前は、視覚障害者に対する教育を行う学校は、制度として「盲学校」の名称が使われていたので、2000年代においては、しばしば見かけられる校名である。 日本では、2007年施行の学校教育法改正により、聾学校、養護学校とともに、学校種が「特別支援学校」となり、場合によっては「視覚特別支援学校」の名称の特別支援学校もある。 自分の安全を図るための手段とその工夫を学びつつ、点字などを中心に幼稚園、小学校、中学校、高等学校に準じた教育が行われている。 盲学校の歴史 世界最初の盲学校は、1784年にヴァランタン・アユイらによって、フランスのパリに作られたものとされている。この盲学校はフランス革命直後の1791年に王立パリ盲学校となり、王政廃止後は国立パリ盲学校となった。 日本では、1878年5月24日に京都で創立された京都盲唖院が最初の近代的な視覚障害教育及び聴覚障害教育の機関とされている。