「もくよく」とは?

言葉 詳細
沐浴

概要 (Wikipediaから引用)

沐浴(もくよく、ablution)は、からだを水で洗い潔めること。宗教的な儀式を指すことが多い。乳児の体を洗うことも含まれる。ここでは、宗教的な儀式について主に説明する。 風呂に入る行為全般に関しては「入浴」を参照。 沐は水を頭から浴びること、浴は水に身体を浸けることを意味する。水や湯を用いることが一般的である。それ以外にも煙・火・香料などによりけがれを落とすことも沐浴に含める。 多くの宗教で奨励されている参拝、礼拝の前に手や足、顔、口など体の一部を水で洗う行為も沐浴の一種である。 記録に残る最も古い沐浴の習俗は、古代ギリシャのエレウシスで行われていた「神秘」と呼ばれる神秘主義者達による海での浄化の儀式である。 キリスト教では「洗礼」、日本の神道では「禊」と呼ぶなど、宗教ごとに呼び名は異なるが、潔めによって聖と俗との分離をはかる、ということは共通している。 沐浴を行うことの宗教上の意義は主に以下の3つが挙げられる。 沐浴により、俗から清へ、生から死へなど、ある状態から別の状態への移行を促進する。

もくよく

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

もく浴

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。