「や」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

夜(よる)は、日没から日の出までの時間のことである。つまり太陽が地平線や水平線の下にある時間帯のことである。宵(よい)ともいう。 ちなみに日の出から次の日没までの間の時間は昼という。 神話と伝承 ほとんどの世界の創造の神話や伝説は、天地や日月の創造に加えて、夜や昼の創造を伴っている。 古代インド 古代インドの神話では、夜の女神ラートリー(Rātrī)は太陽の母親であり、毎夜のこと太陽を身ごもって大切にはぐくみ出生させるが、太陽が分娩されると同時にラートリー(夜)は消えなければならないので、彼女は自分の愛児を自分の乳を与えて育てることはできない。そこでその子を代わりに育てるのが、彼女の妹にあたる曙の女神ウシャスであり、彼女はまた同時に、闇の悪魔たちに激しい攻撃を加えて西の果てに追い払い、世界に夜明けをもたらす。 マオリ族の神話 マオリ族の神話ではヒネ・ヌイ・テ・ポが夜の女神である。 天と地を分離させた森の神タネが、あるときのこと土で女を造り、生命を吹き込んで自分の妻にし、ヒネ・イ・タウ・イラという娘を産ませ、この娘が成長すると今度は彼女を妻にした。

概要 (Wikipediaから引用)

や、ヤは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第8行第1段(や行あ段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /ya/。母音い/i/の口の構えから行われる半母音である有声子音/y/とあからなる音。子音は国際音声字母では硬口蓋接近音 [j]で表記される。 五十音順: 第36位。 いろは順: 第29位。「く」の次、「ま」の前。 平仮名「や」の字形: 「也」の草体 片仮名「ヤ」の字形: 「也」の草体による ローマ字: ya 点字: 「や」の点字 通話表: 「大和のヤ」 モールス信号: ・-- 手旗信号:8→450px50px 発音:Japanese ya.ogg や や に関わる諸事項 い段の文字に後続して、開拗音を構成する。

概要 (Wikipediaから引用)

『はやぶさ (列車)』より : 山陽本線優等列車沿革(さんようほんせんゆうとうれっしゃえんかく)では、山陽鉄道による開業より山陽本線を経由して運行された特急列車・急行列車・準急列車の運行の沿革を主に記載する。 除外される事項 なお、以下のものについては、2010年現在運行されているないしは、それとの関連性が高いものについては記載を除外しているものがある。また、主に東京圏を始発・終着とし、東海道本線から直通した列車に関しては東海道本線優等列車沿革の項目も参照されたい。 山陽本線(在来線)の別線とされた山陽新幹線(東海道新幹線および九州新幹線直通列車含む)の列車群…当該項目および「のぞみ」・「ひかり」(「グランドひかり」・「ウエストひかり」・「ひかりレールスター」)・「こだま」・「みずほ」・「さくら」の各列車項目。 主に宇野線・宇高航路を介しての本州対四国連絡列車…「マリンライナー」。 京阪神・岡山 - 智頭急行智頭線・播但線・姫新線・伯備線(陰陽連絡路線)を経由して山陰地区を結ぶ列車(陰陽連絡列車)…「はくと」・「はまかぜ」・「いなば」・「やくも」の各列車項目。

概要 (Wikipediaから引用)

『8』より : 8(八、はち、は、ぱ、や)は、自然数または整数において、7 の次で 9 の前の数である。ラテン語では octo(オクトー)。 性質 合成数であり、正の約数は1, 2, 4, 8である。半素数でない合成数のうち最小の合成数である。 自身を除く約数の和は7である。このため不足数であり、概完全数である。 約数の和は15、約数の和が奇数になる4番目の数である。1つ前は4、次は9。 6番目のフィボナッチ数である。1つ前は5、次は13。合成数のフィボナッチ数の中では最小の数である。また立方数のフィボナッチ数は8のほかには1しかないといわれている。 3乗した数の各桁の数の和が元の数になる数である。つまり、83 = 512, 5 + 1 + 2 = 8。 このような数は6個あり、1, 8, 17, 18, 26, 27。(参照オンライン整数列大辞典の数列 A061209) 2番目の立方数であり、23。1つ前は1、次は27。 3番目の2の累乗数である。1つ前は4、次は16。 平方数より1小さい唯一の立方数である。また累乗数より1小さい唯一の累乗数である(→カタラン予想)。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

輻輳(ふくそう)は、物が1か所に集中し混雑する様態をいう。医学、生物学領域では「輻湊」と表記する例もある。 輻輳眼球運動(両目が同時に内側を向く目の動き)の略称。 たとえば電話網でイベントや災害などの時などに発生する、通信要求過多により、通信が成立しにくくなる現象の通信分野における用語。本稿では通信分野での輻輳について詳述する。また、輻輳の発生を回避したり、輻輳状態から速やかに回復させる技術のことを輻輳制御(congestion control)と呼び、輻輳の状態が悪化し、通信効率が非常に低くなる状態を輻輳崩壊と呼ぶ。 語源 日本語に古くからある、ものが集まり、こみあうことをあらわす「輻輳」という語を、通信工学分野の専門用語 congestion の訳語としてあてた専門用語である。 輻輳現象の詳細 電話などの通信は、道路交通に例える事ができる。道路交通における渋滞現象と同様に、ある程度まではスループットは需要に応じて上昇するが、その後徐々に抑えられ、ある許容量を超えると急激に支障が多発する、というような現象が起きる。

概要 (Wikipediaから引用)

『矢』より : 矢(や)は、弓の弾力を利用して発射される武具(狩猟具)。箭の字も用いられる。 構造 和弓の矢 和弓に用いられている矢は、現在でも矢竹の端に鏃を、反対の端に矢羽や筈をつけて作られている。 矢の長さは、自分の矢束(やづか。首の中心から横にまっすぐ伸ばした腕の指先まで)より手の指数本分長いものが安全上好ましいとされている。 平家物語には十二束三伏(拳の幅12個分に加え指3本分の幅)という表記もある。 矢を作る職人を矢師(ちなみに、ゆがけを作る職人は『かけ師』、弓は『弓師』)という。弓矢は鉄砲と比べ、科学技術的にはより原始的なものではあるが、消耗品である矢を含め全ての製造を職人技に頼らなければならなかった。この点、弾火薬の製造は知識さえあれば誰でもできる労働集約型産業でまかなえたことが、銃器の普及が推進された一因でもある。 = 鏃(矢尻=やじり) = 縄文時代までは石の他、鮫の歯、動物の骨や角などで作られていたが、弥生後期には急速に鉄製(鉄鏃)に変わっている。

殺る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

遣る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

やる

概要 (Wikipediaから引用)

やる夫(やるお)はインターネット上の巨大電子掲示板群、2ちゃんねるで考案されたAA(アスキーアート)によるキャラクターである。ニュー速でやる夫、ニューソクデ・ヤル夫(にゅーそくでやるお)とも呼ばれることもある。本当ならば、ニュース速報(VIP)板で遊びたかったが、そこの住人は相手をしてくれない。悲しみに暮れるが、それならばニュース速報板でやればいいと閃き、満面の笑顔を見せてくれるAAである。近年はやる夫と一緒に芝生(www)を生やす人が減る傾向にある。 また、やる夫の横顔として誕生したAAはやらない夫(やらないお)と呼ばれる。性格も冷静沈着な常識人で、その風貌はやる夫に似ても似つかない。また、女性キャラのやる実も存在し、こちらは擬人化、萌え要素を併せ持っている。プラナリ夫は元はやる夫の携帯向けAAとして考案されたが、やる夫とは似ても似つかない造形、可愛らしさから別キャラクターとして独立。口数は少なく、他キャラともあまり絡まず独自のポジションを築いている。オプーナはゲームのキャラクターだが、独特のキャラクター造形がやる夫と融合したAAとなっている。