「やい」とは?

言葉 詳細
ヤイ

概要 (Wikipediaから引用)

省略 鳥綱 名称 ヤイロチョウ status VU 目 スズメ目 w:Passerine Passeriformes 科 ヤイロチョウ科 w:Pitta_(bird) Pittidae 属 ヤイロチョウ科 ヤイロチョウ属 ”Pitta” 種 ヤイロチョウ ”P. nympha” 学名 ”Pitta nympha”コンラート・ヤコブ・テミンク Temminck & ヘルマン・シュレーゲル Schlegel, 1850年 1850 和名 ヤイロチョウ 英名 w:Fairy_Pitta Fairy Pittaヤイロチョウ(八色鳥、”Pitta nympha”)は、動物 動物界脊索動物 脊索動物門鳥類 鳥綱スズメ目ヤイロチョウ科 ヤイロチョウ科ヤイロチョウ属。俗称ではセイロチョウともいわれる。インドネシア(ボルネオ島)、大韓民国、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本夏季に中華人民共和国東部、日本、台湾、朝鮮半島で繁殖し、冬季に中華人民共和国南部やボルネオ島へ南下し越冬する。本種はヤイロチョウ科では最も北に分布する。日本では主に本州以西に繁殖のため飛来(夏鳥)し、現在では確実かつ継続的な繁殖が確認されている繁殖地は日本のみ(日本国内でも長野県の一部、四国地方 四国の一部、九州地方 九州)とされる。

屋井

概要 (Wikipediaから引用)

屋井 先蔵(やい さきぞう、文久3年12月5日 (旧暦) 12月5日(1864年1月13日) - 昭和2年(1927年)6月)は乾電池の発明者。 越後長岡藩出身。(現在の新潟県長岡市) 13歳で時計店の丁稚となるも、病気のため帰郷。修理工として年季奉公した後、東京物理学校(現:東京理科大学)に学んだ。 1885年 - 電池で正確に動く連続電気時計に使用するため乾電池を発明する。しかし貧乏のため特許を取得できなかった(当時の特許取得料金は膨大に高い料金だった)。乾電池を発売した当初の世論は「乾電池などという怪しいものは正確に動かないはずだ」というものが大半を占めており、先蔵の乾電池は全く売れず、さらに持病の為に寝込む日が続き、生活は貧窮を極めた。そして不幸は続き、先蔵の乾電池のすごさを知った外国人が万博にて自分が発明したものだと主張した。そのため、しばらく時間が経つまで世界で最初に乾電池を発明した人物は先蔵であると認知されていなかった。

八飯

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

矢井

概要 (Wikipediaから引用)

矢井田 瞳(やいだ ひとみ、1978年7月28日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。大阪府豊中市出身。ヤマハミュージックアーティスト所属。レコード会社はユニバーサルシグマ。 大学を出るまで長らく生まれ故郷の大阪で過ごし、現在は東京に在住。 愛称の「ヤイコ」は、彼女の子供の頃からのあだ名。 2007年7月に結婚、2009年10月に第1子となる長女を出産した。 豊中市立第九中学校、大阪府立箕面高等学校国際教養科、関西大学文学部卒業。専攻はフランス語およびフランス文学。 趣味はスポーツ全般で、特に水泳とバレーボールが好き。水泳は小学生時代を中心に習っていたことがあり、中学ではバレーボール部に所属していた。 大のラーメン好きで、デビュー直前までラーメン屋の薩摩っ子ラーメン江坂店でアルバイトをしていた過去がある。 上方のお笑いも好きで、特に漫才を好む。 言葉遊びや回文、アナグラムが好きで、アルバム『daiya-monde』→daiya(ヤイダの逆読み)+monde(フランス語で「世界」の意味)=矢井田の世界、アルバム『i/flancy』(I can fly)、アルバム『Air/Cook/Sky』(Yaiko rocks)などのように、タイトルとは別に意味を持たせたものがある。

やく

概要 (Wikipediaから引用)

『雄蕊』より : 雄蕊(雄蘂、ゆうずい、英: Stamen)は、被子植物の花を構成する要素の一つ。一般的には「おしべ」といわれ、花粉を入れる袋状の葯(やく)(Anther)と葯を支える花糸(かし)(Filament)という部分で構成される。ただし花糸に当たる部分がないものや、糸状でなく葉状になっているものもある。さらに八重咲きなどの花では雄蕊が花弁(花びら)状に変化している。 雄蕊は、葯より花粉を出して、雌蕊の先(柱頭)に受粉させる役割を持っている。ふつう葯は2つの半葯からなり、半葯はさらに2つの花粉嚢(葯室)という袋からなる。 花粉嚢には花粉が入っており、花粉の出口は縦に裂けるもの、横に裂けるもの、穴が開いているものなど植物により形状が異なる。 雄蕊はシダ植物の小胞子葉に相同(花粉が小胞子、花粉嚢が小胞子嚢に当たる)である。裸子植物では花粉嚢のついた鱗片状のものが多く、雄蕊でなく小胞子葉ということが多い(これが集まったものは雄花ともいわれる)。 雄蕊に関する用語 単体雄蕊 全雄蕊の花糸が基部でひとまとまりに繋がっている形状。

焼く

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

灼く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

妬く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。