「やいづ」とは?

言葉 詳細
焼津

概要 (Wikipediaから引用)

徴用船(ちょうようせん)とは、戦時において軍部から徴用される民間の船舶。商船や漁船がその対象となる。本稿では昭和期戦時下の静岡県焼津港を中心とした徴用船について述べる。当初は、大型船からの荷役や兵士たちの食料運搬など雑用目的に徴用されたが、戦況が厳しくなるにつれて軍事作戦にも加わっていった。昭和12年(1937年)7月の日中戦争から、昭和20年(1945年)8月の太平洋戦争終結までの8年間、全国での民間船舶の戦争被害は 商船被害 約2千5百隻 (約800万トン)、戦没者 約3万人 漁船・機帆船被害 約4千隻、戦没者 約3万人といわれているが、詳細についてまとまった記録は見つかっていない。日中戦争開始に伴い、1937年10月に県下にも、12トン内外、全長15メートル、深さ1.5メートル前後の船舶、30隻の徴用船の割当てが、あったとされる。