「やいば」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

刃(は、やいば)とは、対象を切断ないし切削する機械要素ないし構造のことである。 一般に刃(刃物)というと、硬質な素材で作られた道具であるが、刃自体は手に持って利用することを前提としない。刃物は、道具として利用するために刃に手に持つ部分を付与したものである。刃はそれ自体では硬質の素材を目的に沿うように形を整えたもので、その用途にもよって様々な形状が存在する。 刃は、力学的な視点からすると、対象に対しての圧力を可能な限り細い面積(可能であるなら線)に集中させるための道具であるため、先端部は細く薄く作られる。その基本形はくさびと同一である。ただ、力を加えた場合に破損しては意味がないため、用途に応じた補強が成されている。最も単純な刃の形式は、強い張力に耐える繊維である。ゆで卵やチーズなどを切断するために使われる金属線などを思い起こしてもらいたい。柔らかい粘土の塊であれば、糸などでも切断は可能である。 ただ、一般にイメージされるところの刃というと、主に刃物に象徴される金属製の薄板で作られた道具である。