「やえざくら」とは?

言葉 詳細
八重桜

概要 (Wikipediaから引用)

八重桜(やえざくら)は八重咲きになるサクラの総称。特定の品種の名ではない。多くの品種があるが、とりわけよく見る品種としてはカンザンやフゲンゾウ、ヤエベニシダレなどがある。 花弁の枚数は300枚近くに達する例もある。花弁が非常に多く、細い菊咲きの場合にはキクザクラという名称で呼ばれることもある。 多くはヤマザクラやソメイヨシノに比べて開花期が1~2週間ほど遅い。花はやや大きめで丸くふんわりとした形になり、一輪から非常に豪華である。 八重桜の一種フゲンゾウは室町時代から存在していた事が知られる。 大阪の造幣局の「桜の通り抜け」ではヤエザクラが多く植わっている。 画像 関連項目 サトザクラ 桜の通り抜け 桜湯。

ヤエザクラ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。