「ゆ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質。一般に可燃性であり、比重が軽く、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。 常温で液体である植物油や魚の油などには不飽和脂肪酸が多く含まれ、常温で固体である肉の脂などには飽和脂肪酸が多く含まれている。両者をまとめて油脂と呼ぶ。普通の油脂は脂肪酸とグリセリンの化合物であり、一般にトリグリセリド(トリ-O-アシルグリセリン)の形態を取る(例外 : エコナ等)。 不飽和脂肪酸とは炭素鎖に二重結合もしくは三重結合を持つもののことで、α-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸 (DHA)、エイコサペンタエン酸 (EPA) に代表されるオメガ3(n-3系)。リノール酸、γ-リノレン酸、アラキドン酸に代表されるオメガ6(n-6系)。オレイン酸に代表されるオメガ9(n-9系)がある。 飽和脂肪酸とは炭素鎖に二重結合もしくは三重結合を持たないもののことで、パルミチン酸、ステアリン酸等がある。

概要 (Wikipediaから引用)

湯 物質 湯(ゆ、とう) - 温めた水。入浴を目的とした湯は風呂または温泉を参照。 湯(ゆ) - 鋳造材料(主に鉄、アルミ合金、銅、真鍮などの金属)を融点よりも高い温度で熱して液体にしたもの。 湯 (中華料理) - 中華料理のスープ。 湯(とう) - 漢方薬の形態の一つ。煎じ薬を参照。 人名 天乙(湯王、成湯) - 殷王朝の開祖とされる人物。 湯 (姓) - 漢姓(とう)、または日本の姓(ゆ)。 地名 兵庫県美方郡新温泉町にある地名。湯村温泉 (兵庫県)を参照。 島根県雲南市木次町の地名。出雲湯村温泉を参照。 関連項目 湯村温泉。

概要 (Wikipediaから引用)

ゆ、ユは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第8行第3段(や行う段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /yu/。母音い/i/の口の構えから行われる半母音である有声子音/y/とうからなる音。子音は国際音声記号では硬口蓋接近音 [j]であり、[jɯ̹˕]と表記できる。 五十音順: 第37位。や行い段のいを数に加えると38位。 いろは順: 第39位。「き」の次、「め」の前。 平仮名「ゆ」の字形: 「由」の草体 片仮名「ユ」の字形: 「弓」の上の部分(もしくは「由」の下の部分の変形) ローマ字: yu 点字: 「ゆ」の点字 通話表: 「弓矢のユ」 モールス信号: -・・-- 手旗信号:9→150px50px 発音:Japanese yu.ogg ゆ ゆ に関わる諸事項 い段の文字に後続して、開拗音を構成する。

揺る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ゆる

概要 (Wikipediaから引用)

ゆるキャラとは、「ゆるいマスコット マスコットキャラクター」を略したもので、国や地方公共団体、その他の公共機関等が、イベント、各種キャンペーン、村おこし、名産品の紹介などのような地域全般の情報PR、当該団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのことでありそういったかわいらしいイラスト一般をさすこともある。「ゆるキャラ」という名称はみうらじゅんが提唱したもので、扶桑社とみうらじゅんによって2004年11月26日に商標登録されている(登録番号 第4821202号)。2008年の新語・流行語大賞にノミネートされた60語のひとつに数えられている。民間企業が商戦などに用いるイメージキャラクターとゆるキャラとの相違点として、およそ以下のような特徴を挙げることができる。