「ゆあつ」とは?

言葉 詳細
油圧

概要 (Wikipediaから引用)

『油圧ショベル』より : 油圧ショベル(ゆあつショベル)とは、油圧シリンダーにより作動する複数の腕状のもの(機械本体の基部から順にブーム、アーム)の先端にバケットを取り付けて掘削する自走式建設機械でいわゆる掘削機である。 アーム先端に取り付ける作業装置は土砂等の掘削に適したバケットが標準であるが、バケットの代わりに各種アタッチメントに付け替えて様々な用途に使用でき、下部フレームにブレード(排土板)を装備した物もありブルドーザーのような整地作業もできる。油圧ショベルが登場する以前に鉱山や河川工事で用いられていた、ウインチでワイヤーを巻き上げ、巻き下げてブームとアームを動かしてバケットを前方に押し出して掘削するケーブル式ローディングショベルやドラグショベルが原型である。 下(後ろ)向きのバケットを取り付けてバックホーとして使うのがもっとも一般的だが、その他に、機体より上方の土砂を掘削して運搬車に積み込む作業に適した前向きローディングバケットや、圧砕機、鉄骨切断機を取り付けてビルの解体、コンクリートや道路のアスファルト、自然石を打撃により破砕するブレーカー等の多種多様なアタッチメントに交換でき非常に幅広い用途に使われる。