「ゆい」とは?

言葉 詳細
由比

概要 (Wikipediaから引用)

由比町(ゆいちょう)は、静岡県の中部、庵原郡に位置していた町。2008年(平成20年)11月1日、静岡市に編入合併した。 「東海道の親不知」と呼ばれる断崖に位置し、歴史地理学的には関東政権(江戸・鎌倉・小田原)と東海政権(駿府)の境界となってきた。 江戸時代には東海道由比宿の宿場町であった。江戸時代の絵師・歌川広重による由比の浮世絵には、難所を越える旅人や、帆掛け船の浮かぶ駿河湾、駿河湾越しの富士山などが描かれている。 現在では、サクラエビとシラスの漁業基地としても有名である。 2006年3月31日に静岡市が庵原郡蒲原町を編入したことにより、東西両隣を静岡市に挟まれる形となった。由比町も「静岡市・由比町合併協議会」において、2008年11月1日に静岡市清水区へ編入されることで合意に達した。 地理 川:由比川、和瀬川 隣接していた自治体・行政区 静岡市(清水区)(東西両隣からはさまれている) 庵原郡 富士川町 富士郡 芝川町 1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行に伴い、庵原郡由比宿・北田村・町屋原村・今宿村・寺尾村・東倉沢村・西倉沢村・東山寺村・阿僧村・入山村・西山寺村が合併し、由比町となる。

優衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ユイ

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

佑衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

由依

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

結以

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

油井

概要 (Wikipediaから引用)

油井(ゆせい)とは、油田において原油を採掘するために使う井戸のこと。地上もしくは海上から油層(原油を含有する地層)にボーリング穴を穿ち、パイプが入れられる。原油は、このパイプを通じて取り出される。 21世紀初頭現在、一般的な油井掘削に使われているロータリー式掘削法は当初、水井戸掘りとして1841年(または1845年)にフランス人のフォーベルによって発明され、フランス人の土木技師レショットが実用化した。19世紀から20世紀にかけてそれまでの衝撃式掘削方式がロータリー式に取って代わられた。1901年にアメリカ人キャプテン・ルーカスがテキサスのスピンドルトップで初めて油田の掘削に使用し、大量の原油を得た後にアメリカを始め世界各国で使用されるようになった。 油井のプロセス 探索 最新科学的知見とデータ分析、電気検層、人工衛星による地質写真、人工地震探査、地上の目視探査、海上からの音響探査などで油田の存在の可能性が高いと思われるサイトを特定する。

由衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

由井

概要 (Wikipediaから引用)

由井 正雪(ゆい しょうせつ/まさゆき、慶長10年(1605年) - 慶安4年7月26日(1651年9月10日))は、江戸時代前期の日本の軍学者。慶安の変(由井正雪の乱)の首謀者である。名字は油井、遊井、湯井、由比、油比と表記される場合もある。 生涯 出自については諸説あり、『慶安太平記』によれば慶長10年(1605年)、駿河国由比(現在の静岡県静岡市清水区由比)において紺屋・吉岡治右衛門の子として生まれたという。江戸幕府の公式文書では、駿府宮ケ崎の岡村弥右衛門の子としている。『姓氏』(丹羽基二著、樋口清之監修)には、坂東平氏三浦氏の庶家とある。出身地については駿府宮ケ崎町との説もある。 『慶安太平記』によれば、父の治右衛門は尾張国中村生まれの百姓で、同郷である豊臣秀吉との縁で大坂天満橋へ移り、染物業を営み、関ヶ原の戦いにおいて石田三成に徴集され、戦後に由比村に移住して紺屋になったという。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

結依

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

結衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

湯日

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

柚井

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

涌井

概要 (Wikipediaから引用)

涌井 秀章(わくい ひであき、1986年6月21日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。 プロ入り前 松戸市立寒風台小学校時代はソフトボールをしており(寒風台ソフトボールチームに所属)、野球は松戸市立第六中学校に進学後のシニアリーグ(松戸シニア)で始めた。その後横浜高等学校に進学。 入学時から松坂大輔二世と呼ばれていた。高校2年春に第75回選抜高等学校野球大会に1学年上のエース成瀬善久らと共に出場。準決勝までは成瀬のリリーフとして登板。決勝戦では先発したが、広陵高の打線につかまり3-15と大敗した。 第85回全国高等学校野球選手権大会神奈川大会では3回戦の港北高戦で成瀬に代わり先発を務めたが、ノーシード高相手にリードを許す苦しい展開となり成瀬の休養に失敗。9回逆転で辛くも勝ち上がるが準々決勝の桐蔭学園戦では延長戦となるなど、決勝進出は果たしたものの疲労はピークに達しており、3年生エース給前信吾、2年生の田澤純一を擁する横浜商大高校に敗れ春夏連続出場を逃した。

概要 (Wikipediaから引用)

タイトル 結界師 サイズ 説明 ジャンル 少年漫画 作者 田辺イエロウ 出版社 小学館 連載 週刊少年サンデー 開始 2003年 終了 連載中 巻数 26巻(以下続刊)『結界師』(けっかいし)は、田辺イエロウによる少年漫画作品である。週刊少年サンデー2003年47号より連載開始。2009年現在、コミックは26巻まで発売されている。2009年現在、26巻まで発売中。少年サンデー公式ガイド『結界師 指南之書』発売中。平成18年度(第52回)小学館漫画賞少年向け部門受賞。結界師である主人公が、夜の学校を舞台に『#能力・術 結界術』を使い妖怪を退治していく物語。2009年4月には累計1200万部突破した。400年続く妖(あやかし)退治の専門家、結界師一族の家に正統継承者として生まれた墨村良守(すみむらよしもり)。隣に住む雪村時音(ゆきむらときね)も良守と同じ結界師だが、両家は犬猿の仲。良守と時音が守っているのは妖を呼び寄せ、その力を高めてしまう烏森(からすもり)の地。2人は夜になると結界術を使い、烏森の地に建つ私立烏森学園に集まってくる妖を退治している。良守はかつて自らの失策により、時音が妖の攻撃から自分をかばい大怪我を負ってしまったことを後悔し、二度と時音や自分の周りの人々が傷つかないようにするため、強くなることを心に誓うのであった。

往く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

言う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

云う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

逝く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

結う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ゆく

概要 (Wikipediaから引用)

『ゆく年くる年』(ゆくとしくるとし)は、年末年始の12月31日23:45から翌年1月1日0:15まで(一部例外あり)NHKで生放送されている年越し番組である。同じタイトルで民放各局が共同ないしは独自に放送する番組もあるが、ここではNHKの番組について言及する。 ラジオ番組として始まったが、後に総合テレビ制作に移行し、複数のチャンネルでサイマル放送されている。 前座番組『NHK紅白歌合戦』からの視聴者の流れもあり、毎年20%以上の高視聴率を記録している。 初期の歴史 テレビ放送が開始される前から存在する番組で、除夜の鐘の中継放送が初めて行われたのは1927年。 東京・上野の寛永寺からJOAK(社団法人東京放送局、現:NHK放送センター)のラジオ放送によるものであり、当時の番組タイトルは『除夜の鐘』であった。1927年から続く日本最古の現役番組である。 リレー放送が始められた時期は1932年からである。 1945年の大晦日では、22:20 - 0:00に『紅白音楽試合』(『NHK紅白歌合戦』の前身)を放送し、その直後に『除夜の鐘』を放送する形だった。

謂う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ゆう

概要 (Wikipediaから引用)

『東北本線優等列車沿革』より : 東北本線優等列車沿革(とうほくほんせんゆうとうれっしゃえんかく)では、東北本線・常磐線を運行していた特急列車・急行列車等のうち、青函連絡船あるいは津軽海峡線を介して本州対北海道輸送に資していた東京 - 青森 - 北海道間輸送列車、東京対東北都市間輸送に資していた東京 - 東北都市間輸送列車の沿革を記載する。 本項目の対象外となるもの 以下の各項目(特に2015年現在運行されているもの)については、単独の記事にある為、本項では記述しない。 東北新幹線運行列車…当該路線項目及びはやぶさ・はやて・やまびこ・なすの等の各列車項目 宇都宮線(上野 - 黒磯間)区間のみの運行列車…おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ#宇都宮線優等列車沿革 日光線・東武線直通列車…日光 (列車)#国鉄・JR東日本日光線優等列車沿革 両毛線直通列車…あかぎ (列車)#両毛線優等列車沿革・おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ#宇都宮線優等列車沿革 磐越西線直通列車…あいづ・白虎 奥羽本線直通列車…つばさ・あけぼの 大船渡線優等列車…スーパードラゴン 東北新幹線開業後の盛岡 - 青森間運行列車…はつかり・つがる・スーパー白鳥 花輪線優等列車…八幡平 大湊線優等列車…しもきた 常磐線・上野東京ライン内で完結する優等列車…ひたち 津軽海峡線経由寝台特急列車…北斗星・カシオペア 東京 - 青森 - 北海道間連絡輸送列車 東北本線は、青函連絡船・稚泊連絡船を挟み本州⇔北海道・樺太連絡の使命をも担っており、その重要性から急行列車や準急列車などは、増発と到達時分の短縮が繰り返されてきた。