「ゆうかく」とは?

言葉 詳細
遊郭

概要 (Wikipediaから引用)

『遊廓』より : 遊廓(ゆうかく)は、公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画。一区画にまとめてあるのは、治安や風紀を公権力側が統制するため。成立は安土桃山時代。別称としては、くるわ、遊里、いろまち、傾城町などがある。(「廓」は「城郭」と同じ、囲われた区画を意味する)江戸時代、公許の遊廓以外には、宿場町にあり半ば公認の飯盛旅籠や、門前町などにあり岡場所(おかばしょ)と呼ばれる私娼窟があった。そもそも、古代から女性による接客はあり(神社の巫女が副業で官人などの接待を目的とした等)、江口、神崎のように港や宿場で遊女が多く集まる地域があった。室町時代には足利将軍家が京都の傾城屋から税金を徴収していた。

遊廓

概要 (Wikipediaから引用)

遊廓(ゆうかく)は、公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画。一区画にまとめてあるのは、治安や風紀を公権力側が統制するため。成立は安土桃山時代。別称としては、くるわ、遊里、いろまち、傾城町などがある。(「廓」は「城郭」と同じ、囲われた区画を意味する)江戸時代、公許の遊廓以外には、宿場町にあり半ば公認の飯盛旅籠や、門前町などにあり岡場所(おかばしょ)と呼ばれる私娼窟があった。そもそも、古代から女性による接客はあり(神社の巫女が副業で官人などの接待を目的とした等)、江口、神崎のように港や宿場で遊女が多く集まる地域があった。室町時代には足利将軍家が京都の傾城屋から税金を徴収していた。

遊客

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。