「ゆえ」とは?

言葉 詳細
ゆえ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

湯江

概要 (Wikipediaから引用)

湯江駅(ゆええき)は、長崎県諫早市高来町三部壱にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。長崎方面からの普通列車は一部が当駅で折り返し、鳥栖方面は佐賀県との県境を越えた肥前大浦駅まで下り10本、上り9本のみの運行となる。このため、5時間近く運転されないことがある。 旧・高来町の代表駅である。 駅構造 駅舎に接して単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。ホームは跨線橋で連絡している。一線スルーではない。 駅舎は国道側ではなく北側にある。以前は事務室部分にヤマト運輸の営業所が入っており、過去には乗車券の販売を行っていたこともある(現在は近隣に移転)。無人駅であるが、自動券売機が設置されている。 かつては特急「かもめ」の一部など優等列車も停車したが、現在は多くの列車が運転停車するものの、客扱いは行わない。 のりば肥前鹿島・肥前山口・佐賀・鳥栖方面 諫早・長崎方面(長崎行きはすべて市布回り) 待避列車など 利用状況 2010年度の1日平均乗車人員は293人である。

優恵

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ユエ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『敬遠』より : 故意四球(こいしきゅう、intentional base on balls, intentional walk)とは、野球において投手が打者に対して、意図的に四球を与える行為につく記録である。 故意四球は公認野球規則で定義されている用語であるが、日本では敬遠(けいえん)という俗称が一般に広く用いられている。 通常、守備側は打者をアウトに討ち取ることを目的とする。しかし、打者の個人能力や試合の局面を勘案し、四球を与えて打席を終わらせてしまう方が、最終的な勝利のために適切であると判断される場合には、意図的に四球を与えることがある。 故意四球が通常の四球と区別されて公式記録となるには後述の要件を備えていなくてはならないが、それら要件のすべてを満たさない場合でも、見た者に守備側の四球にしようとする意図が感じられるときには「敬遠」あるいは「敬遠気味」などと表現される。

言う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

云う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ゆえる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

結う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

いう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

謂う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ゆう

概要 (Wikipediaから引用)

『東北本線優等列車沿革』より : 東北本線優等列車沿革(とうほくほんせんゆうとうれっしゃえんかく)では、東北本線・常磐線を運行していた特急列車・急行列車等のうち、青函連絡船あるいは津軽海峡線を介して本州対北海道輸送に資していた東京 - 青森 - 北海道間輸送列車、東京対東北都市間輸送に資していた東京 - 東北都市間輸送列車の沿革を記載する。 本項目の対象外となるもの 以下の各項目(特に2015年現在運行されているもの)については、単独の記事にある為、本項では記述しない。 東北新幹線運行列車…当該路線項目及びはやぶさ・はやて・やまびこ・なすの等の各列車項目 宇都宮線(上野 - 黒磯間)区間のみの運行列車…おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ#宇都宮線優等列車沿革 日光線・東武線直通列車…日光 (列車)#国鉄・JR東日本日光線優等列車沿革 両毛線直通列車…あかぎ (列車)#両毛線優等列車沿革・おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ#宇都宮線優等列車沿革 磐越西線直通列車…あいづ・白虎 奥羽本線直通列車…つばさ・あけぼの 大船渡線優等列車…スーパードラゴン 東北新幹線開業後の盛岡 - 青森間運行列車…はつかり・つがる・スーパー白鳥 花輪線優等列車…八幡平 大湊線優等列車…しもきた 常磐線・上野東京ライン内で完結する優等列車…ひたち 津軽海峡線経由寝台特急列車…北斗星・カシオペア 東京 - 青森 - 北海道間連絡輸送列車 東北本線は、青函連絡船・稚泊連絡船を挟み本州⇔北海道・樺太連絡の使命をも担っており、その重要性から急行列車や準急列車などは、増発と到達時分の短縮が繰り返されてきた。