「よい」とは?

言葉 詳細
酔い

概要 (Wikipediaから引用)

酔いどれない競馬(よいどれないけいば)は、フジテレビCS事業部#フジテレビONE フジテレビ739で1999年から2008年1月28日まで放送されていた、競馬に関するテレビ番組。毎回競馬についての出演者のトークを中心に、前回の放送後に行われた重賞競走の回顧、開催が迫ったグレード制 GI競走の展望、ゲストや競走馬に関連した過去のレース映像の放映、各局の競馬番組出演者との番組裏話、競馬界で問題になっていることなど、様々なテーマで放送。フジテレビジョン フジテレビが中継している中央競馬だけでなく、地方競馬や日本国外で行われている競馬も多く扱われた。また、番組の途中には視聴者からのファクシミリ FAXを紹介しており、そこからトークが発展したり、出演者が放送中に疑問に思ったこと(例えば昔のレースの勝ち馬など)を視聴者に聞くと、視聴者が即座にFAXを送って解決するといった活用もされていた。

與井

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

與位

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

与井

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

酔いどれない競馬(よいどれないけいば)は、フジテレビCS事業部#フジテレビONE フジテレビ739で1999年から2008年1月28日まで放送されていた、競馬に関するテレビ番組。毎回競馬についての出演者のトークを中心に、前回の放送後に行われた重賞競走の回顧、開催が迫ったグレード制 GI競走の展望、ゲストや競走馬に関連した過去のレース映像の放映、各局の競馬番組出演者との番組裏話、競馬界で問題になっていることなど、様々なテーマで放送。フジテレビジョン フジテレビが中継している中央競馬だけでなく、地方競馬や日本国外で行われている競馬も多く扱われた。また、番組の途中には視聴者からのファクシミリ FAXを紹介しており、そこからトークが発展したり、出演者が放送中に疑問に思ったこと(例えば昔のレースの勝ち馬など)を視聴者に聞くと、視聴者が即座にFAXを送って解決するといった活用もされていた。

余威

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

酔う

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

よう

概要 (Wikipediaから引用)

よう(癰、carbuncle)とは、細菌感染症の一種。数本の毛が束になって細菌が感染して生じる。皮膚は赤く腫れて、疼痛を伴う。黄色ブドウ球菌が原因であることが多い。(それに対して、せつは一本の毛のみの感染である。)糖尿病の人に好発する。治療は、抗生物質の内服が必要である。また、皮膚切開が必要なこともある。 関連 感染症 皮膚科学 せつ 毛嚢炎 面疔 ひょう疽 蜂窩織炎。

概要 (Wikipediaから引用)

夜(よる)は、日没から日の出までの時間のことである。つまり太陽が地平線や水平線の下にある時間帯のことである。宵(よい)ともいう。 ちなみに日の出から次の日没までの間の時間は昼という。 神話と伝承 ほとんどの世界の創造の神話や伝説は、天地や日月の創造に加えて、夜や昼の創造を伴っている。 古代インド 古代インドの神話では、夜の女神ラートリー(Rātrī)は太陽の母親であり、毎夜のこと太陽を身ごもって大切にはぐくみ出生させるが、太陽が分娩されると同時にラートリー(夜)は消えなければならないので、彼女は自分の愛児を自分の乳を与えて育てることはできない。そこでその子を代わりに育てるのが、彼女の妹にあたる曙の女神ウシャスであり、彼女はまた同時に、闇の悪魔たちに激しい攻撃を加えて西の果てに追い払い、世界に夜明けをもたらす。 マオリ族の神話 マオリ族の神話ではヒネ・ヌイ・テ・ポが夜の女神である。 天と地を分離させた森の神タネが、あるときのこと土で女を造り、生命を吹き込んで自分の妻にし、ヒネ・イ・タウ・イラという娘を産ませ、この娘が成長すると今度は彼女を妻にした。

良い

概要 (Wikipediaから引用)

良いデフレ(よいデフレろんそう)とは、1990年代に入ってから日本の物価上昇率が低下し、1999年頃以降は消費者物価の下落基調が続くというデフレーションに陥ったことに関して起こった論争。 リチャード・クー(当時野村総合研究所主席研究員)が1994年に出版した、良い円高・悪い円高をもじって、デフレーションを良性のものと悪性のものとに分類し、当時の物価下落は良性の「良いデフレ」であるという主張が登場した。このため、当時の物価下落が、良性のものか悪性のものかという論争が起こった。 よいデフレ論とは、デフレーションは流通革命や合理化の結果で消費者の利益にかなう、あるいは経済のグローバル化に伴う競争の結果で日本経済の高コスト体質の是正につながるといった主張である。 「構造改革や流通革命等で生産性が上がり、物価が下がっていくという要素を考慮せねばならない」という速水優日本銀行元総裁の発言や、「最近の物価下落は情報通信分野の技術革新などの変革を背景とした『よいデフレ』に分類される」という速水元総裁発言に代表される。

よい

概要 (Wikipediaから引用)

『よい子の味方 〜新米保育士物語〜』(よいこのみかた しんまいほいくしものがたり)は、2003年1月18日 - 3月15日に日本テレビ放送網 日本テレビ系列の土曜ドラマ (日本テレビ) 土曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマ。全9回。櫻井翔(嵐 (ジャニーズ) 嵐)の連続ドラマ初主演作。新人の男性保育士を題材にしたドラマである。主人公の鈴木太陽は、幼少期に母と死別した事が動機で保育士を志す。新人ゆえに些細な失敗も繰り返すが、周りの同僚や利用者の家族に助けられながら成長して行くというストーリーである。 鈴木太陽 : 櫻井翔(嵐 (ジャニーズ) 嵐) 三田静香 : 松下由樹:主任保育士。男性保育士を受け入れた園長の態度が気に入らず、主人公を厳しく指導する。しかし、彼女自身も思春期の息子(落合扶樹)との接し方に悩んでいる。

好い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

佳い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

善い

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。