「よいごし」とは?

言葉 詳細
宵越し

概要 (Wikipediaから引用)

『ひぐらしのなく頃に 宵越し編』より : 『ひぐらしのなく頃に 宵越し編』(ひぐらしのなくころに よいごしへん)は、スクウェア・エニックス刊『月刊Gファンタジー』2006年7月号に予告編(第0話)掲載の後、8月号から2007年8月号まで連載された漫画。原作・竜騎士07、作画・みもり。 07th Expansionの同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』の外伝作品としては『コンプエース』(角川書店)連載の『鬼曝し編』(作画・鬼頭えん)に続く2本目の作品である。 芥川龍之介の短編「藪の中」がモチーフ。シリーズ初の平成を舞台とした、後日譚的作品である。レナ、梨花といった「部活メンバー」がほとんど登場しないため、いわゆる「萌え」やラブコメ要素が少なく、全体的にシリアスで重厚な作風となっている。サブタイトルの付け方など「SIREN」やドラマ「24」の影響が見られる場面もある。また、登場人物が「嘘だっ!!」等の本編「ひぐらしのなく頃に」の登場人物の名言を言う場面も多い。「ひぐらしのなく頃に絆 第三巻・螺」にて、初めてゲーム化。 TIPS ゲーム本編に倣い、TIPSが携帯電話向け情報サイト「ガンガンモバイル」(i-mode・EZweb・Yahoo!ケータイ)で配信されていた(会員制・月額315円。