「よういく」とは?

言葉 詳細
養育

概要 (Wikipediaから引用)

『里親』より : 人間の里親(さとおや)とは、通常の親権を有さずに児童を養育する者のこと。 現在では、通常の親権を有さずに児童を養育する者は、個人間の同意の下で児童を養育する「私的里親」と、児童福祉法に定める里親制度の下で、自治体などから委託された児童を養育する「養育里親」「専門里親」などがある。また、児童養護施設などが独自に採用してる制度で、児童養護施設の収容児童を週末や夏季や年末年始のみ預かる者を、「週末里親」「季節里親」などと呼ぶ。なお里親は児童福祉法により定められた研修を受けたのち児童福祉審議会里親認定部会で審議され、里親として認定された者でなければならない。また、子どもを里親に預けたい場合は居住地の児童相談所へ問い合わせをする。本記事では里親制度について扱う。 なお、動物の里親など人間以外の里親は、一時的ではない生涯をともにする養い親を意味することが多い。 日本の里親制度 公的里親の種類 里親制度における里親には、養育里親、専門里親、養子縁組を前提とした里親、親族里親の4種が「里親の認定等に関する省令(平成14年厚生労働省令第115号)」に定められている。