「ようえき」とは?

言葉 詳細
葉腋

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

用役

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

溶液

概要 (Wikipediaから引用)

溶液(ようえき、英: solution)とは、2つ以上の物質から構成される液体状態の混合物である。一般的には主要な液体成分の溶媒(ようばい、solvent)と、その他の気体、液体、固体の成分である溶質(ようしつ、solute)とから構成される。 溶液は巨視状態においては安定な単一、且つ均一な液相を呈するが、溶質成分と溶媒成分とは単分子が無秩序に互いに分散、混合しているとは限らない。すなわち溶質物質が分子間の相互作用により引き合った次に示す集合体 会合により形成される多量体分子(高分子の場合を含む) 溶媒和分子 分子クラスター コロイド粒子などが溶媒に分散している溶液も多い。特に微視状態において2つ以上の相が分散混合していて、巨視的には一様な分散系溶液をコロイド溶液と呼ぶ。状況によっては、理想溶液の振舞いとの乖離が大きいコロイド溶液は、溶液とは見なさない場合もある(コロイド溶液については記事 分散系に詳しい)。 呼称 通常、区別する目的で溶媒の種類と「溶液」の語を併せて、「エタノール溶液」などと呼び表す。

ヨウエキ

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

用益

概要 (Wikipediaから引用)

『物権』より : 物権(ぶっけん、羅: ius in re、英: real right, right in rem、独: Sachenrecht、仏: droit réel)とは、大陸法系の私法上の概念で、物を直接的に(他人の行為を介さずに)支配する権利。日本法などにおいては、特定の者に対して特定の行為を請求する債権と対比される。以下、主として日本法における物権概念について説明する。 物権の特質 物権も債権と同じ財産権であるが、以下の点で債権とは異なる。 物権の直接性 権利の実現のためには、債権の場合には債務者による履行という他人の行為が必要であるが、物権においては不要である(もっとも裁判所の手続を要することはある。)。このような性質を物権の直接性と呼ぶ。 物権の排他性 同一物に対しては、同一内容の物権は、一つしか成立しない。同一の物に対して同一内容の物権が複数成立すると、物への直接的支配が失われるからである。このような性質を物権の排他性、一物一権主義と呼ぶ。例えば、同一の物について二重に譲渡する契約が結ばれた場合は、先に登記、明認方法等の対抗要件を備えたものが当該物についての所有権を取得する。