「ようか」とは?

言葉 詳細
八鹿

概要 (Wikipediaから引用)

八鹿高校事件(ようかこうこうじけん)は、1974年11月22日、兵庫県立八鹿高等学校で、集団下校中の教職員約60名を部落解放同盟の同盟員が学校に連れ戻して約13時間にわたり監禁、暴行し、教師48名が負傷、うち29名が重傷、1名が危篤となった事件。刑事裁判では部落解放同盟の被告人13名が拉致・監禁(致傷)・強要・傷害の罪で起訴され、全員の有罪が確定した。民事裁判は3000万円の損害賠償判決で決着したが糾弾に荷担した兵庫県と県教育委員会は被害者全員に謝罪し慰謝料を支払った。解放同盟兵庫県連もまた、21年間の遅延利息を含む慰謝料全額の賠償に応じたものの、判決については「差別弾圧判決」であると非難し、今なお自らの非を公に認めていない。 略称、八高事件。但馬地方ではこの事件以前から部落解放同盟の運動に従わせるために自治体や学校、そして部落解放同盟の過激な運動に反対する日本共産党組織を含む勢力への糾弾・暴力・襲撃事件が起きており、一連の関係事件8件、被害者200名として延べ26名(実人数14名)の解放同盟員が起訴された。

陽香

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

養賀

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

八日

概要 (Wikipediaから引用)

八日市市(ようかいちし)は、滋賀県東部、湖東平野の中央部にあった市。古くからの市場町で、聖徳太子の時代から毎月「八」の付く日に市が開かれていたとされ、それが地名の由来となった。また、面積が畳百畳分にも及ぶ大凧を揚げる「大凧まつり」でも知られる。 2005年2月11日に、神崎郡永源寺町、五個荘町、愛知郡愛東町、湖東町と合併して東近江市となり廃止となった。 平成の大合併により東近江市が成立するまでは、滋賀県内で唯一JR線の開通していない市であった。 地理 河川:愛知川 御代参街道と八風街道が交わる交通の要衝で、周辺の農村地域を商圏とする市場町として栄えた。戦前には八日市飛行場が所在し、八日市駅周辺は大津・彦根に次ぐ県下有数の歓楽街として栄えた(延命新地)。 1954年(昭和29年)8月15日 - 神崎郡御園村・建部村・八日市町・蒲生郡平田村・市辺村・玉緒村が合併して発足。 1954年(昭和29年)11月 - 市章を制定。 2005年(平成17年)2月11日 - 神崎郡永源寺町・五個荘町・愛知郡愛東町・湖東町と合併して東近江市が発足。

養家

概要 (Wikipediaから引用)

『養子縁組』より : 養子縁組(ようしえんぐみ)は、具体的な血縁関係とは無関係に人為的に親子関係を発生させることをいう。この関係によって設定された親子関係をそれぞれ養親(ようしん)または養子(ようし)、女子の場合には養女(ようじょ)、また養子から見て養親の家(または家族)を養家(ようか)と呼称する。 養子縁組制度の歴史 養子縁組制度が必要になった理由 いわゆる家父長制を基本とする家族制度を採用している場合は、家長の後継者を得るための養子縁組制度が必要である。要するに家のための養子縁組である。古代ローマの制度はこのような制度であり、日本においても、日本国憲法の制定に伴い家族法が大幅に改正される前の養子制度は、基本的に家制度を維持するための制度であった。また、これとは別に近代以前の東アジアでは、より擬制的な親子関係の色が強い「義子」(中国)・「猶子」(日本)などの制度があった。 その後ヨーロッパでは中世に入ってから、実際の血縁関係が重視されるようになったことに伴い、後継者を得るための機能を果たさなくなり、親のための制度としての機能を果たすようになる。

妖花

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

よう化

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

沃化

概要 (Wikipediaから引用)

『ヨウ化銀』より : ヨウ化銀(I)(ヨウかぎん いち、英: silver(I) iodide)は、無機化合物の一種で、化学式が AgI と表される銀(I) のヨウ化物である。天然にはヨウ化銀鉱(Iodargyrite)、またはミュース石(Miersite)として存在することもあるが、産出は稀である。 製法 光を遮断した状態で、硝酸銀(I)水溶液にヨウ化カリウム水溶液を加えると沈殿が生成する。 Ag+(aq) + I−(aq) → AgI 性質 組成式は AgI。式量234.77、融点552 °C、沸点1506 °Cの黄色の粉末で、光を浴びると光化学反応をおこし、黄緑色を経て黒色化する。これを利用し、臭化銀(I)と同様に、写真の感光剤にも使われている。 結晶構造が氷に似ているため、水が結晶する際の種となりやすい。そのため、ヨウ化銀(I)の粒子を大気中に散布すると、それを核にして雲が発生する。そのため、人工降雨の用途に使われている。ヨウ化銀(I)には毒性があるが、人工降雨に使用される量は非常に微量であり異常摂取でもしない限り人体に影響を与えるほどではない。