「ようかいちせん」とは?

言葉 詳細
八日市線

概要 (Wikipediaから引用)

『近江鉄道八日市線』より : 八日市線(ようかいちせん)は、滋賀県東近江市の八日市駅と滋賀県近江八幡市の近江八幡駅までを結ぶ近江鉄道の鉄道路線である。 近江盆地の2つの都市間を結ぶ近江鉄道の主力路線となっている。2013年3月16日から「万葉あかね線」(ラインカラー: 緑)の愛称が付けられている。 1930年から1948年までは、新八日市から陸軍飛行場のあった御園駅までの路線がのびていた。同区間は、新八日市駅 - 八日市中野駅間で近江鉄道本線を築堤により越えていた。 路線データ 路線距離(営業キロ):9.3km 軌間:1067mm 駅数:7駅(起終点駅含む) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線電化(直流1500V) 閉塞方式:自動閉塞式 運行形態 ワンマン運転を行っている。八日市駅 - 近江八幡駅間折り返し運転のほか、本線の米原駅方面、土休日には加えて貴生川駅方面へ直通する列車もある。 1998年3月30日に八日市駅 - 近江八幡駅間ノンストップの快速が新設された。2013年3月16日のダイヤ改正で一旦廃止されたが、2016年3月26日改正で復活した。