「ようかいちば」とは?

言葉 詳細
八日市場

概要 (Wikipediaから引用)

八日市場市 (ようかいちばし) は、千葉県の北東部、九十九里浜沿いに存在した市である。2006年1月23日、隣接する匝瑳郡(そうさぐん)野栄町と合併して匝瑳市となった。 かつて毎月八日に市が開かれ、市場町として発展した。「八日市場」の名はこれにちなむ。似た市名としては、滋賀県の八日市市(ようかいちし、現東近江市)があった。また、匝瑳市に改称後もかつてのイ〜ホの前に「八日市場」の名が付いている。 地理 隣接していた自治体 旭市 香取郡 山田町 多古町 匝瑳郡 野栄町 光町 沿革 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、匝瑳郡八日市場村・富谷村・籠部田村・下富谷村・米倉村が合併して匝瑳郡福岡町となる。